連載【第086回】最終回: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 5: 〈expression〉

 dance obscura 5

 〈expression〉
 私は幼い少年になって、若い母親と父親のかたわらで、子供の姿になった他の乗客たちと同じに、昔のとても懐かしい気持ちに浸っていた。私の目の前に現れた新しい両親は、やさしく清々しい心と体で私を導いてくれる。
 ことばたちの造形は土を捏ねて粘土をひねるように、無数のことばたちの形と命を生み出していった。粗い材木で作られた質素な長細い作業台の上で、ことばの素形と多様な造形、器や断片、塊が浮かんでいる。空間や時間の中に物質の隙間が重なって、静かに浮かんでいる。
 まだ少女のような母親は、貫頭衣に素肌を包んだ少年の私の体に寄り添いながら、ことばの創生の果実を私に与えているのだ。そして、私を慈しむように、代わる代わる私の髪や頬をさすり、接吻するのだ。

 私は君の体に愛を注いだのだろうか。最後の接吻をしたときに、君の痩せてしまった乳房をそっと擦ったとき、こんな時までまだそんなことをと、怒っていたのかはにかんでいたのか、私にはわからない。

 鍵盤楽器の長い余韻のある静かな旋律が繰り返し流れている。初めて邂逅した多くの新しい家族たちのざわめきが、どことも知れず湧き出るかすかな音楽に吸い込まれるように同調していく。もちろん、彼らは離合集散を何度も繰り返し、互いの家族の関係をいっそう緻密に、立体的に、カラフルに組み立てていく。彼らはブレンディッドなのだ。空間の中で粒子がひとりでに均等に混じり合うことこそ物理状態なのである。
 量子と磁気嵐。存在はスライスされる。そうだ、エントロピーとは両方向の見方ともいえる。われわれは常に子供であるといえるが、いつも終末の際で断崖に身を投げ出そうとしている瞬間そのもの。あわい。あるかないかが混合している、過程自体。
 何人もの子どもたち、たくさんの子どもたち。幼子たちはいつも君が座っていた椅子を指差し、君の気配を示唆する。ふわふわ移動する君を追って、子供たちは指を指しながらついていく。
 だが、私の元にはまだ現れない。
 いいえ、あなたの心の中にいつもいるじゃない。あなたの宇宙に、わたしは広がっているのだわ。
 今の世の中だけが今じゃない。次に続く世の中もあるのかもしれないと、あなたの心は私の心に重なってくる。あなたの骨片はわたしの胸にめり込んでくる。あなたと私はひとつに重なる。それはたった一つに同化するのではなく、それぞれ別々でありながら、ひとつの存在に結晶していくに違いないのだ。(dance obscura 5〈新しい生命の発現〉)

   

   亡き妻に捧ぐ

(C) 紙田彰, Akira Kamita., 2017.9.

連載【第085回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 4: 〈astral body〉

 dance obscura 4

 〈astral body〉
 素敵ね、あなたの歌声は。隣のベッドで死期の間近な同病者に優しく声をかける。自分はすでに喉を痛めて掠れた声なので、そう書いた手紙を渡してくれと。私は翌日に死期を迎えるあなたの優しい最後のメッセージを、隣人に手渡すことになったが、よもや、あなたが翌日に命が絶えるなどとは思いもしなかった。

 関係者の間では不思議な噂が広まっていた。あたしがいろんなところに出没するというのだ。娘時代からの親友のマンションには猫の口からあたしが現れたと告げられたという。娘のつれあいは、後ろ向きになった彼の左の耳から右の耳を、頭の中を通って気持ちのいい空気が走ったというのだ。心に沁み入る音楽が聞こえたともいう。あたしが死の前日に訴えた不思議なメロディのことかしら。 あの疲れ切ったひとの冷たい足に、あたしは柔らかで温かい思いを込めていた。あの人は気づいたかしら。冷え切って重くなっていた両足が、軽々と暖かい春の日を歩くように素敵な足取りになっていることに。あたしはいつでもあなたに付き添っているのよ。

 それでも、あなたは幽霊ではない。幽かに厳かな幽体なのだ。薄暗い高架橋の下で、私の横に並んで歩き、肩をすり抜けると、後ろを振り返りざま背を落として顔の下から唇を求める。そして、あなたの舌を私の舌に絡ませる。透明な体と、透明なセクシュアリズムが交錯する。あなたは体なのだ、霊体ではないのだから。
 あなたは白いワンピースを羽のようにふわふわさせて、水しぶきを上げる遊覧船の上で踊る。それを見た友人たちがいた。あれは新婚当時に水遊びに出かけていた彼女に違いない。エロティックに両足をにじらせているもの。そのにじり寄る二つの太ももは胸を引き絞る悲しさだ。私はこらえきれなく、抱きしめたい強い思いに涙する。
 幽体とは思考の形を外郭として保っているのだ。見えるか見えないのかのあわいで、ゆらめくあなたの心の形が光となって、私の体をすり抜けていく。そして、この空間をこの次元をふわふわと通り抜けていく。いつかまた、この世界の物質として結合して、私とふたたび邂逅するのだろうか。(dance obscura 4〈幽体〉) 次回最終回

連載【第084回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 3: 〈revelation〉2

 dance obscura 3

 〈revelation〉2
 密林が切り拓かれ、叢も刈りそろえられた土地の中央は、平坦な広場となっていた。その中に、校舎か工場のような建物が並び、白い光の下で灰色の区画を保っていた。誰かが静かに声をあげた。
――ここに導かれているのかもしれない。私たちは突き動かされている。

 ひとつの大きな建物に入ると、その中は講堂のような広さで、褐色の樹木の柱とベージュの木肌をもつ壁材が使われ、小さな窓が穿たれて差し込む光を調整していた。
 乗客の一群は恐る恐るここに足を踏み入れるが、講堂には、磨かれた厚みのある木材で組み立てられた濃い灰色の長細い作業台が何百となく整列していた。そして、それぞれのテーブルを挟んで二組の若い男女が向かい合って佇立している。
 青年たちは両手を頭上にまっすぐ持ち上げ、空から幕を下ろすように、揃えた手のひらを静かに下げる。相手の瞳の奥に思いを伝えようとしてか、魅入られているような表情で。それはある種の儀式なのだろうか、あるいは互いに入り交じるための秘蹟の刹那!
 私たちは生まれ変わるのかもしれない。私はたしかに幼い少年となっていた。

 その新しい土地には数多くの若い男女が対になって、質素な貫頭衣を着て、古代の風の流れる霞んだ空気の中で、灰色の細長い机を挟んで立っている。そこは、いくつもの広場、工場、学校のような場所。質朴な、余剰のもののない世界。支配するものも、命令系統もなく、すべてが等しく均された、霞がたなびくモノトーンの世界。見たところ、男女のペアの群像であるが、その姿の中には同性のペアもいるに違いない。
 人々が出現するときには、挨拶の儀式のように両手を揃えて頭上から下に下げる。消えるときは下の手を頭の上に上げていく。空間を閉じてしまうように。世界からの消失と出現。彼らの姿が実体を持つものではなく、イメージであることはその出現の儀式からもうかがわれる。
 ここは魂とでもいいうるエネルギーの集う場所。世界の始まりなのか終わりなのかが未分明の場所。量子の内部の宇宙から作られる場所。あらゆる思考、情報の源となる、ことばの創生。ここは太古の始まりともいえるし、つねに新しい世界が始まる「場」。(dance obscura 3〈発現〉)

連載【第083回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 3: 〈revelation〉1

 dance obscura 3

 〈revelation〉1
 私たちは、それぞれペアになっている若い男女の傍らに佇む。彼らは私たちの父と母となるはずの生命の樹木。そこにそれとしてある、ただそれだけだ。粒子と反粒子とは力の均衡、力の衝突の現場なのだ。
 そう、ここではことばを作っているのだ。それは、太古にあったはずの、新しい世界のはじまり。その夢は半年前に見たものだ。東南アジアの空で事故に遭うことで示されたもの。それは死亡日の予告、誕生の予告なのだろうか。飛行機の内部に錐揉みする世界の断片が降り注ぐ。私たちに恐怖はなかった。ここが予告の地、予告の時に違いないのだから。

 いつしか、私たちは飛行機の残骸から脱け出し、ジャングルの奥深い道を歩きつづける。周りの景観はもうすでに別の世界、別の時間のものだ。密林の中の薄暗い道は、草深いけもの道のはずなのに、案に相違して、ただ灰色の平坦な道がまっすぐに延びているだけだった。飛行機から脱出した集団はひとかたまりの長い列を作って行軍した。見上げる頭上には深い枝々が重なり、ところどころの微小なスポットから弱い光の糸が差し込んでくる。
 墜落の恐怖と、残骸と化した機体から逃れることのできた安堵と疲労感。乗客たちの心は打ちのめされ、ひどく閉ざされていた。一晩も歩き続けただろうか。集団の塊はいつの間にか間延びして、点々とした長い列となっていた。その足取りはいずれも不揃いで、動きもしだいにのろくなっている。けれども、明け方の訪れとともに、長い道の向こうに仄白い光が生じていた。ジャングルの出口に近づいていたのだ。
 道なき道には光がそそぎ、少しずつ道幅が広がり、人々も再びそれぞれの間隔を詰めはじめた。深い暗緑色に沈んでいたトンネルから、陽光の熱い光に溢れた真っ白い道はその向こうにある広場に導かれていたのだ。(つづく)

連載【第082回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 2: 〈cogitation〉

 dance obscura 2

 〈cogitation〉
 思いとは忘れ去られていくのだろうか。それとも深く根を張ってまた花を咲かせるのだろうか。私は、そのいずれも正しいし、両者とも誤っていると感じている。なぜなら、それは形を保っているからだ。仮に、思いを抱いた意識がその範囲を広げて、透明ではかない枠組みを作り、それをいつしか壊していくことはごく自然に考えられる。その枠組みは簡単には戻らないし、通常の考え方では復元できないと諦めるべきである。しかし、意識という消え去っていく状態を考えるのではなく、思考という物質の構造を見るとき、思考が長い時間と長大な回路を旅して、再び素になる固まりを作り、その固まりがさらに結びつき、次第に復元していくことがないとは言い切れないのだ。なぜなら、思考は意識とは異なって、ものの始まりになることが可能な、物質の因になるからだ。それはことばの発生を見てみるとよく分かる。ことばは、物質そのものが見ることによって、作られてきたからだ。それは神秘的な関係性から生まれたのではなく、物質が物質を見ることによって相手と感応して、相互に作り上げてきたものなのだ。ことばとは粒子の相互反応、光の生成のことなのである。(dance obscura 2〈思考〉)

連載【第081回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 1: 〈dance〉2

 dance obscura 1

 〈dance〉2
 私たちは考える。あらゆるものがただ一点に重なっている。空間も時間も、さらにはすべての次元も、あるかないかを問わずに、ただ一点に重なっている。宇宙は膨張しているのではなく、内部に向けて、それ自体の分離を繰り返し、重ね合っているにすぎないのではないか。
 沁み入るような音楽が、そのとき破綻をきたした。女の体を包んでいた真っ赤なドレスが勢いよく四方に拡がり、炎のように燃え上がった。静止していたかに見えた体が独楽のように、三角形に広げられた赤い布の下端を支点にしてくるくる廻転を始めたのである。凄じい速度で打楽器が叩かれた。聴覚に対する殴打。女体は宙に躍った。四肢をいっぱいに広げる。白い肌が眼を射る。宙にありながら激しくターンした。
 女の、眉のない、異様にのっぺりとした表情の中に、舞台の、ショーの、すべてが吸い取られ、強烈なライトの洪水の中で、布を介して透き通る白い体が、みるみる光沢を生じていくのだった。
 関節と関節がどのような方法で折り畳まれるのか。まるで骨という骨が関節という接点に吸い込まれていくように見えた。人間は脆いもの、魂も脆いが肉体はもっと脆い、その脆さがあの見事なターンを可能にしたのだろうか。ひとときも目を離せなかったのだ、あそこではすべてが一致していたのだから。どんな細部も看過することはできない。精神と肉体が、思想と技術とが同じ高みにあったのである。
 それはまさしく、ただ一瞬の跳躍――。

――意味と価値があるかどうかはわからないが、生きるべし、死ぬるべしという意志にはたしかな理由がある。それは、侵されざる自らの意志が、ただここに存在するから。
「眼を閉じると世界が閉じる」「そうだ。宇宙も閉じるかもしれない」
 すべてを負っているもの、すべてを蔽っているものの織物のごとく。ありうべきもの、あらざるものの極小の断片のことごとくのために――。(dance obscura 1〈踊りの場〉)

連載【第080回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 1: 〈dance〉1

 dance obscura 1

 〈dance〉1
 あれは母さんだ、わたしのお母さん。子供たちはざわめく。子供たちは、淡い光の波に漂うごとく、泳ぐように、光に溶け込んでいるあなたの薄い色のからだを懐かしむ。あなたはおそらく、彼らに微笑んでいるのだ。dance siteでは、あなたはいつでも聖母のままなのだ。
 初めのうち、数人の少女たちが裸で現れ、手をつないで、輪を作って踊る。風のように軽やかな若い体、つやつやと靡く長い髪。アンリ・マティスの描く「ダンス」が明るい光の中に現れる。彼女たちは楽しげに踊っている、踊らされている。しかし、それは画家のなせる業ではない。ぐるぐる回り、だんだん早く回り、まるで溶け合ってこちらの視線がバターのように絡まっていく。踊りの輪がいつまでも続く。踊っている、踊らされている、いったい何のために?

 気の遠くなるような幻惑の装置の中で、ひとりの舞姫の体が流れていた。流れているとしかいいようのない微細な曲線を歩いているのだ。エキセントリックな弦楽器の病的な喘ぎが聞こえ始めると、踊り手は片足の爪先の一点に体重を注ぎ、小刻みにふるえだした。獰猛な嵐に逆らって、蒼穹(たかぞら)を翔け抜けるような肉の振動。緋色の、縫目のない薄いシルクの衣裳のふるえが、なによりもその筋肉の闘いを伝えている。
 ダンサーの体が栗鼠のように小さくなっていった。どこまで縮んでいくのだろうか。ついに舞台の上の一点の赤い滴となって、そして……。そして次の瞬間、白い貌だけがきわだって印象的に、深い苦悩の皺を泛べて巨大化した。舞踏手の痩せた白い貌につややかな凝脂が漲っている。(つづく)

連載【第079回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 0:

 dance obscura 0

 私たちは「肉の広場」ともいえるdance obscuraに集まっていた。私たちはそれぞれ。それぞれの部位であり、細胞、意識。独立したそれぞれ。孤立したそれぞれ。
 最初、私たちは続々と蟻の巣のような地下の館に入り込んでいった。そこは、細胞や組織が多重化されて区切られているキューブの集合体。床と廊下にはびっしりと深紅のカーペットが敷き詰められている。赤い迷路。部屋には壁はなくドアだけで、ランプブラックの黒い柱がしっかりとした枠組みを作り、深紅の扉が襖のように開け閉てされている。そのような室内で、少し青みがかった照明が赤いカーペットを深みのある色彩に染め上げている。それらの部屋をつないで、暗紅色の血液の川が廊下を流れている。紅の館はいっそう深く染められて、炎のように燃え上がる。

 アンダーグラウンド。暗い地下の街。蟻の巣のような館が蝟集しているその中心にあるdance obscuraではダーク・ダンスが始まっていた。私たちの集まりの目的は、このダーク・ダンスを踊ることである。
 周囲の館からはゆらゆらと燃える炎が陰影のある赤い光を漂わせていた。その中をまばゆい、細い糸のようなスポットライトが熱気の罩もる空気の襞を射通し、ステージの一点を鮮やかに照らした。バロック風の、繊細な、小刻みに畳みかけるような旋律が静かに流れている。今度は、舞台の下方のフットライトが徐々に光度を増していく。それから、褐色の広角レンズが取り付けてあるのだろうか、ライトの色が切り替わり、退嬰的な淡い光の束が幾度となく舞台を舐め廻す。(dance obscura 0)

連載【第078回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare IV: 〈mediastinal〉

 nightmare IV

 〈mediastinal〉
 最初の電話は、早朝だった。明らかにパニック状態の若い女の声だ。何の電話だ、危険な状態なのか。当直医と話してください、とにかく来てください。危篤の召集なのか、はっきりしろ! 女の声は、ドクターに聞いてくださいで終始する。病院はリスク回避のために即答を避けているのだ。ドクターが電話に出ることもなかった。
 車を飛ばして、私がベッドに駆け寄るなり、宿直医の部屋に呼び出される。私はあなたからひとときも離れたくなかったのに。医師は、気管支に詰まる組織片のため生ずる、胸の痛みと窒息の恐怖から、あなたの想像を絶する苦しみを取り除くため、沈静剤の使用を強要した。私はあなたが、最後の最後まで生きる闘いをする勇敢な女性だと主張した。癌が判明してから、私たちはそのことを何度も確かめあった。一緒に生きたすべての時間に確かめあった深い愛のように。
 私はベッドに戻り、背中をさすったり、叩いたりして、破片を吐き出そうとしているあなたの必死の努力に加勢する。あなたは生きようとしていた。闘っているのだ。

 最初の危篤からは奇跡的に回復した。たまたま何かの拍子で気管支を塞いでいた縦隔の癌の組織片が外れたのだ。いや、まだ生きようという強い思いが力を与えたのだ。しかし、それはこの世との袂別のための僅かな時間をもたらしたにすぎない。
 あなたはその後の数日間を窒息の恐怖とともに過ごしていた。眠るのが怖いと、怯えた眸を震わせて。それなのに、医師たちはあまりに危険な沈静剤を管から与えたのだ。脳神経を眠らせて、痛みと恐怖から解放するからと。それは医師たちの策略だった。気管支を塞いだ血痰は誰も取り除けないから、自分で吐き出すことしかできないから、危険な眠りにつかせようとしたのだ。その眠りのうちに死なせようと。死の眠りを、神でもないのに! 安楽死を公言できないから。
 失せろ! なにもできない藪医者ども!
 あなたは、まだ生きるんだな、頑張れるんだな。私の無慈悲な声に、最後の瞳を大きく見開き、首を縦に振って、うん、うんと応えてくれた。溺れゆくもののように必死でもがきながら。

 そして、いま、地震や一陣の嵐によってはかなくもすべてが召し上げられる。気がつくと、物理的な自然だけが世界に甦っていた。(悪夢 IV〈縦隔〉)

連載【第077回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare IV: 〈fusillade〉

 nightmare IV

〈fusillade〉
 肺の縦隔腫瘍の増大に対して、呼吸器科では放射線科の医師たちに、照射治療を委託した。あなたは白い胸にマジックインキで何箇所も目印を書き込まれていた。美しい乳房が無惨にも汚されていく。それらの乱雑な十字架はいかなる神の告示なのか、死体となるまで清められることはなかった。あの爆発、あの週末の大雨の夜、あの真っ黒な放射能の一斉射撃をすでに浴びていたのだから。それなのに、またしても度重なる放射能の嵐。あなたは強欲な文明の礎、腹黒い国家の生贄なのだ。
 あなたの病巣は数年前の、あのときにきれいな肺に種付けされ、まず頭部腫瘍に飛び火した。それからは、あなたは残酷な手術に耐え、未熟な新薬にも耐えていた。

 原子力発電などという、狡猾で姑息な策略で、人民の未来を奪い、人民の生活を骨の髄まで搾取する。豊穣な国土が不毛の危険地帯に成り果てて、あの黄色い菊の花の放射能が蔓延する。ああ、黄泉の国土よ。まほろばなどどこにあるのか。
 恐るべき大津波は岸壁の堡塁に激突を繰り返し、巨大な高波となって、その発電所を飲み込んだ。原始の力ではない。無尽蔵の放射線を世界中に撒き散らす文明の悪魔の器だ。なぜ、原子力が必要なのか。だれにも、神でさえ手に負えない利器をもって何をしようというのか。欲望の塊を作り上げても、生命とはただ一瞬の有機物に過ぎないではないか。おまえたちは一瞬の享楽のために、あくまで共食いをしていたいのか。

 こんなに被曝を繰り返すなんて、わたしは蜂の巣、海綿、スポンジなのかしら。縦隔だけに照準を当てていても、放射線は乱暴に私の胸を焼けただらせる。包丁でめちゃくちゃに切りつけられるのとどう違うの? わたしはその激痛だけで失神するほどよ! それなのに何も効果は出てこない。医者は何をやっているの。ただ苦しめるだけ! なぜ、痛みに対する備えと効果についての説明がなかったの! 効果がないときの対処法は用意されていないじゃない! わたしは生きているのよ! 生きているのよ!
 何もすることはないなんて、わたしは死体じゃない。生身の体なのに。生きたまま、死の淵に連れていこうとしている、あなたたちは医者ではない、死神、悪魔なのよ! 助ける努力は全て無駄だ、沈静させて静かに死なせることが功徳だなどと、たわけたことを! この、医者の仮面をかぶった地獄の亡者どもめ!(悪夢IV〈一斉射撃〉)