作成者別アーカイブ: 緑字斎

連載【第086回】最終回: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 5: 〈expression〉

 dance obscura 5

 〈expression〉
 私は幼い少年になって、若い母親と父親のかたわらで、子供の姿になった他の乗客たちと同じに、昔のとても懐かしい気持ちに浸っていた。私の目の前に現れた新しい両親は、やさしく清々しい心と体で私を導いてくれる。
 ことばたちの造形は土を捏ねて粘土をひねるように、無数のことばたちの形と命を生み出していった。粗い材木で作られた質素な長細い作業台の上で、ことばの素形と多様な造形、器や断片、塊が浮かんでいる。空間や時間の中に物質の隙間が重なって、静かに浮かんでいる。
 まだ少女のような母親は、貫頭衣に素肌を包んだ少年の私の体に寄り添いながら、ことばの創生の果実を私に与えているのだ。そして、私を慈しむように、代わる代わる私の髪や頬をさすり、接吻するのだ。

 私は君の体に愛を注いだのだろうか。最後の接吻をしたときに、君の痩せてしまった乳房をそっと擦ったとき、こんな時までまだそんなことをと、怒っていたのかはにかんでいたのか、私にはわからない。

 鍵盤楽器の長い余韻のある静かな旋律が繰り返し流れている。初めて邂逅した多くの新しい家族たちのざわめきが、どことも知れず湧き出るかすかな音楽に吸い込まれるように同調していく。もちろん、彼らは離合集散を何度も繰り返し、互いの家族の関係をいっそう緻密に、立体的に、カラフルに組み立てていく。彼らはブレンディッドなのだ。空間の中で粒子がひとりでに均等に混じり合うことこそ物理状態なのである。
 量子と磁気嵐。存在はスライスされる。そうだ、エントロピーとは両方向の見方ともいえる。われわれは常に子供であるといえるが、いつも終末の際で断崖に身を投げ出そうとしている瞬間そのもの。あわい。あるかないかが混合している、過程自体。
 何人もの子どもたち、たくさんの子どもたち。幼子たちはいつも君が座っていた椅子を指差し、君の気配を示唆する。ふわふわ移動する君を追って、子供たちは指を指しながらついていく。
 だが、私の元にはまだ現れない。
 いいえ、あなたの心の中にいつもいるじゃない。あなたの宇宙に、わたしは広がっているのだわ。
 今の世の中だけが今じゃない。次に続く世の中もあるのかもしれないと、あなたの心は私の心に重なってくる。あなたの骨片はわたしの胸にめり込んでくる。あなたと私はひとつに重なる。それはたった一つに同化するのではなく、それぞれ別々でありながら、ひとつの存在に結晶していくに違いないのだ。(dance obscura 5〈新しい生命の発現〉)

   

   亡き妻に捧ぐ

(C) 紙田彰, Akira Kamita., 2017.9.

連載【第085回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 4: 〈astral body〉

 dance obscura 4

 〈astral body〉
 素敵ね、あなたの歌声は。隣のベッドで死期の間近な同病者に優しく声をかける。自分はすでに喉を痛めて掠れた声なので、そう書いた手紙を渡してくれと。私は翌日に死期を迎えるあなたの優しい最後のメッセージを、隣人に手渡すことになったが、よもや、あなたが翌日に命が絶えるなどとは思いもしなかった。

 関係者の間では不思議な噂が広まっていた。あたしがいろんなところに出没するというのだ。娘時代からの親友のマンションには猫の口からあたしが現れたと告げられたという。娘のつれあいは、後ろ向きになった彼の左の耳から右の耳を、頭の中を通って気持ちのいい空気が走ったというのだ。心に沁み入る音楽が聞こえたともいう。あたしが死の前日に訴えた不思議なメロディのことかしら。 あの疲れ切ったひとの冷たい足に、あたしは柔らかで温かい思いを込めていた。あの人は気づいたかしら。冷え切って重くなっていた両足が、軽々と暖かい春の日を歩くように素敵な足取りになっていることに。あたしはいつでもあなたに付き添っているのよ。

 それでも、あなたは幽霊ではない。幽かに厳かな幽体なのだ。薄暗い高架橋の下で、私の横に並んで歩き、肩をすり抜けると、後ろを振り返りざま背を落として顔の下から唇を求める。そして、あなたの舌を私の舌に絡ませる。透明な体と、透明なセクシュアリズムが交錯する。あなたは体なのだ、霊体ではないのだから。
 あなたは白いワンピースを羽のようにふわふわさせて、水しぶきを上げる遊覧船の上で踊る。それを見た友人たちがいた。あれは新婚当時に水遊びに出かけていた彼女に違いない。エロティックに両足をにじらせているもの。そのにじり寄る二つの太ももは胸を引き絞る悲しさだ。私はこらえきれなく、抱きしめたい強い思いに涙する。
 幽体とは思考の形を外郭として保っているのだ。見えるか見えないのかのあわいで、ゆらめくあなたの心の形が光となって、私の体をすり抜けていく。そして、この空間をこの次元をふわふわと通り抜けていく。いつかまた、この世界の物質として結合して、私とふたたび邂逅するのだろうか。(dance obscura 4〈幽体〉) 次回最終回

連載【第084回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 3: 〈revelation〉2

 dance obscura 3

 〈revelation〉2
 密林が切り拓かれ、叢も刈りそろえられた土地の中央は、平坦な広場となっていた。その中に、校舎か工場のような建物が並び、白い光の下で灰色の区画を保っていた。誰かが静かに声をあげた。
――ここに導かれているのかもしれない。私たちは突き動かされている。

 ひとつの大きな建物に入ると、その中は講堂のような広さで、褐色の樹木の柱とベージュの木肌をもつ壁材が使われ、小さな窓が穿たれて差し込む光を調整していた。
 乗客の一群は恐る恐るここに足を踏み入れるが、講堂には、磨かれた厚みのある木材で組み立てられた濃い灰色の長細い作業台が何百となく整列していた。そして、それぞれのテーブルを挟んで二組の若い男女が向かい合って佇立している。
 青年たちは両手を頭上にまっすぐ持ち上げ、空から幕を下ろすように、揃えた手のひらを静かに下げる。相手の瞳の奥に思いを伝えようとしてか、魅入られているような表情で。それはある種の儀式なのだろうか、あるいは互いに入り交じるための秘蹟の刹那!
 私たちは生まれ変わるのかもしれない。私はたしかに幼い少年となっていた。

 その新しい土地には数多くの若い男女が対になって、質素な貫頭衣を着て、古代の風の流れる霞んだ空気の中で、灰色の細長い机を挟んで立っている。そこは、いくつもの広場、工場、学校のような場所。質朴な、余剰のもののない世界。支配するものも、命令系統もなく、すべてが等しく均された、霞がたなびくモノトーンの世界。見たところ、男女のペアの群像であるが、その姿の中には同性のペアもいるに違いない。
 人々が出現するときには、挨拶の儀式のように両手を揃えて頭上から下に下げる。消えるときは下の手を頭の上に上げていく。空間を閉じてしまうように。世界からの消失と出現。彼らの姿が実体を持つものではなく、イメージであることはその出現の儀式からもうかがわれる。
 ここは魂とでもいいうるエネルギーの集う場所。世界の始まりなのか終わりなのかが未分明の場所。量子の内部の宇宙から作られる場所。あらゆる思考、情報の源となる、ことばの創生。ここは太古の始まりともいえるし、つねに新しい世界が始まる「場」。(dance obscura 3〈発現〉)

連載【第083回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 3: 〈revelation〉1

 dance obscura 3

 〈revelation〉1
 私たちは、それぞれペアになっている若い男女の傍らに佇む。彼らは私たちの父と母となるはずの生命の樹木。そこにそれとしてある、ただそれだけだ。粒子と反粒子とは力の均衡、力の衝突の現場なのだ。
 そう、ここではことばを作っているのだ。それは、太古にあったはずの、新しい世界のはじまり。その夢は半年前に見たものだ。東南アジアの空で事故に遭うことで示されたもの。それは死亡日の予告、誕生の予告なのだろうか。飛行機の内部に錐揉みする世界の断片が降り注ぐ。私たちに恐怖はなかった。ここが予告の地、予告の時に違いないのだから。

 いつしか、私たちは飛行機の残骸から脱け出し、ジャングルの奥深い道を歩きつづける。周りの景観はもうすでに別の世界、別の時間のものだ。密林の中の薄暗い道は、草深いけもの道のはずなのに、案に相違して、ただ灰色の平坦な道がまっすぐに延びているだけだった。飛行機から脱出した集団はひとかたまりの長い列を作って行軍した。見上げる頭上には深い枝々が重なり、ところどころの微小なスポットから弱い光の糸が差し込んでくる。
 墜落の恐怖と、残骸と化した機体から逃れることのできた安堵と疲労感。乗客たちの心は打ちのめされ、ひどく閉ざされていた。一晩も歩き続けただろうか。集団の塊はいつの間にか間延びして、点々とした長い列となっていた。その足取りはいずれも不揃いで、動きもしだいにのろくなっている。けれども、明け方の訪れとともに、長い道の向こうに仄白い光が生じていた。ジャングルの出口に近づいていたのだ。
 道なき道には光がそそぎ、少しずつ道幅が広がり、人々も再びそれぞれの間隔を詰めはじめた。深い暗緑色に沈んでいたトンネルから、陽光の熱い光に溢れた真っ白い道はその向こうにある広場に導かれていたのだ。(つづく)

連載【第082回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: dance obscura 2: 〈cogitation〉

 dance obscura 2

 〈cogitation〉
 思いとは忘れ去られていくのだろうか。それとも深く根を張ってまた花を咲かせるのだろうか。私は、そのいずれも正しいし、両者とも誤っていると感じている。なぜなら、それは形を保っているからだ。仮に、思いを抱いた意識がその範囲を広げて、透明ではかない枠組みを作り、それをいつしか壊していくことはごく自然に考えられる。その枠組みは簡単には戻らないし、通常の考え方では復元できないと諦めるべきである。しかし、意識という消え去っていく状態を考えるのではなく、思考という物質の構造を見るとき、思考が長い時間と長大な回路を旅して、再び素になる固まりを作り、その固まりがさらに結びつき、次第に復元していくことがないとは言い切れないのだ。なぜなら、思考は意識とは異なって、ものの始まりになることが可能な、物質の因になるからだ。それはことばの発生を見てみるとよく分かる。ことばは、物質そのものが見ることによって、作られてきたからだ。それは神秘的な関係性から生まれたのではなく、物質が物質を見ることによって相手と感応して、相互に作り上げてきたものなのだ。ことばとは粒子の相互反応、光の生成のことなのである。(dance obscura 2〈思考〉)