作成者別アーカイブ: 緑字斎

連載【第076回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare IV: 〈sea crime〉

 nightmare IV

 〈sea crime〉
――わたしは助かることのできないところに来てしまった。いろいろな新薬を使ってみたけれど、どれも効果は出なかった。辛うじて通院しながら治療は続けているけれど、医師たちの表情は冷めていった。匙を投げるように、医師はわたしを次の病院に送り込んだ。わたしはベルトコンベアに載せられたお荷物。わたしの肺の癌細胞は着実に縦隔を侵していくのに、誰も何もできないのよ。次の治療法を探してみるから、それまで様子を見てみよう。わたしは見つかると信じて、不安を押し殺しじっと我慢を続ける。それなのに。
 咳が続くだけではなく、食道が狭窄し、何も喉を通らない。薬も飲めなくなって、痛み止めの麻薬が管から流し込まれる。気管支の周囲も痛みが激しくなる。わたしは明るい顔をして、まだまだ生きるつもりよと、あなたに微笑みかける。それでも、それでも。あなたは、流動食を薬だと思ってと知ったようなことをいうけれど、そうね、とわたしは優しく応じていた。苦しみはすでに体全体をふるわしていた。がくがく、がくがくと。

 地殻を揺るがす大地震は、何度かの前触れの後、巨大な規模で出現した。都市ではビルを揺るがし、近郊では森を薙ぎ倒し、山々はぐらぐらとゆらぎ、崖は崩落を始めた。遠くの山岳地帯の尾根尾根の山際には、帯のように鋭く赤い光が走った。それは地磁気の影響なのかもしれない。
 近海は、沖合いから順繰りに海面が盛り上がり、水平線全体に泡沫線が湧き、一斉に切れ切れとなった水面が、広い面積で区切られながら、海岸に向けて速く、強靭な打撃を見舞った。雪崩打つわだつみ、橋梁や巨大建造物は押し拉がれ、線路や道路も分断された。
 地方都市の病院、学校、各公共施設にも大きな被害をもたらし、住宅や商店街はもとより、生活圏では人的被害も多発し、コンビナートでは火災が発生し、終日、暗い火焔と油煙が途切れることはなかった。
 津波は時間を経てから一層強大になる。逆巻く海岸線の荒れ狂う波濤は大洋から次々と津波の蓄積されたエネルギーに圧縮され、押し流される。出口を河口に求め、河川を遡上しているのだ。至るところの河川は泡立ち、爆発的な力を目の前の障碍物にぶつけていく。漁船や観光船を引き裂いて、引きずり込んでいく。たとえそれが、親子であろうが、兄妹であろうが、老若男女、生きているさなかの人々を。
 人間がどれほどの罪で罰せられているのか。自然の力はそれほど無慈悲なものなのか。何も考えずに、ただ強欲な摂理であるというのか。まほろばという、か弱いすめらみことの帝国は誰をも守ることはできない。山を、川を、平野を、海を、何一つ守ることなどできないのだ。
 大地震はわだつみを襲い、海の罪を問う。海神はふるえて巨大な津波で地上を覆うのだ。バベルを呑み込み、地球は完全な水の球体となって、命の破片が詰まった方舟だけが浮かんでいる。荒涼たる水平線だけの球体。ものみな溺れ果てて。(nightmare IV〈海の罪〉)

連載【第075回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈ritual〉

 nightmare III

 〈ritual〉
 そのような土地で菊の花の祭りが始まっている。fascisme de chrysanthèmes dans fleur pleine(満開の菊のファシズム)が押し寄せる。満開の花。黄色い花びら。山や丘の彼方から海が押し寄せるように、大量の菊の花びらがやって来る。花の祭り、死の祭り。大地震の後の大津波。すべてを根こそぎにして菊の花びらが呑み込んでしまう。
 それは、満開の菊の花のファシズムが押し寄せる夢だ。黄色の花びらが野を山を国土すべてを蔽っている。少しの隙間もなく、植物だけではなくあらゆる動物も人工物も菊の花びらに変えてしまう。すべてが黄色。すべてが黄色、真っ黄色のむせ返る世界。私の呼気も花びらの形、黄色の菊の匂い。そして、天空も菊の花一面になって蔽いかぶさる。この断乎たるファシズム。世界を押し潰して、ただの平面にする力。みはるかす限りの平面は、濃縮され固まった黄色のつるつるした巨大な陶磁器タイルのようだ。

 濃縮された花祭りがこの土地を支配する。紺碧の海にまで迫るその花びらの群れ。黄緑色に縁取られる海岸線。夕陽の赤い色がこれらの花びらたちに燦々とふりそそぎ、オレンジ色の光の絨毯が表面に重なっていく。しだいにオレンジを帯びた黄色が赤みを帯びて、さらにいっそう赤いオレンジとなって黒ずんでいく。一筋の光を海際に残して、水平線に血の色をした太陽が落ちると、神代から伝わる祈祷の声が忍び寄る。古代豪族たちの祈りが夜を迎えているのだ。抑圧されたものたちの呪いを排して。皇族の祈りの夜よ。まほろばを統べる天皇の(つるぎ)。まほろばは、ま滅び。悪い胤がこぼれている。飽食するファシストどもの胃液の匂い。胆汁の流れのつづく夜。
 海から吹く夜風に、死蝋と結びついたあの花独特の香りが混じる。棺に充たされ死者を蔽う黄色い花々。弔いの白い花々。菊の花の匂いは死の匂い。菊の花の匂いは死の匂い。百合の匂いを伴って。(悪夢 III〈祭祀〉)

連載【第074回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈chrysanthèmes〉

 nightmare III

 〈chrysanthèmes〉
 それはDNA生命系の夢、その破片。光る砂のようにさらさらと舞い落ちて、その侵襲がやむことはない。永遠に生きられないのだから、生きているものを貪り尽くそうとする。か弱いのだ。そのか弱い意識は、細胞と魂を飽食し、魔物のような国家を通じてファシズムの夢を見ているのだ。孤立した一匹だけが支配する世界のために。その生命系は配下に、どんなに膨大な数の自己複製の個体があっても、ただ収斂され続ける一個の生命体でしかない。まさしく、この壊れつづける夢の破片は癌細胞である。深い穴底に落下し、いっそうばらばらに飛散し、黒い墨のような液体を吐いて、生命体を不穏な夢で蝕んでいく。一個の世界意識しか持たないから、これを逸脱するあらゆる叛逆は、徹底的にして破滅的な弾圧の対象となるのだ。
 とはいえ、反国家という慄えるように魅惑的な戦意は起ち上がる。そして、だれが、どの細胞が、どの意識がその尖兵となるのだろうか。

 私は広い土地に連れて来られた。見渡すかぎり、座標を示すものは何もない。何もない平面と立体が大きく広がっているだけなのだ。その接点に区別はない。直立物体は平面に埋没している。しかしそれでも、平原の向こうには山と海と川がすべて備わっているはずだ。
 完璧で単純な平面。思考の中の平面。曲率など存在していない。反自然であることが明らかな、まるでつくりものの陶器のプレート。見上げても、ここには宇宙はない。
 本当に二次元なのだ。私は地面に押しつけられたぺらぺらの絵だ。これまでの歴史もぺらぺら。身体もぺらぺら。国家もぺらぺら。魔物の力はすべての厚みを強奪する。(悪夢 III〈菊の花〉)

連載【第073回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈peninsula〉

 nightmare III

 〈peninsula〉
 そのときの私は、敗戦直後の関東軍にいて、通化事件に遭遇していた。この虐殺事件は、関東軍、国民党軍、中国共産党軍、朝鮮人民義勇軍の引き起こした謀略戦であった。それぞれが裏工作でつながり、武器を持たない日本の哀れな居留民や無力な兵卒たちを欺き、利用して、四つの勢力の利益分配を画策したものである。
 私たちはそのとき、財産を抱えていち早く逃亡する将官や下士官に置き去りにされ、居留民を守るための抵抗戦に徒手空拳で駆り出され、その挙句に一網打尽で鎮圧され、囚われの身となり、筆舌に尽くし難い厄災に襲われたのだ。
 その厳冬の夜、私は留置場にされた馬小屋で、丸裸のまま後ろ手を針金で縛られていた。天井の梁から吊られて、小銃で殴られ、激しい拷問のあげく、銃殺を宣告された。そして、すでに銃殺され、戸外に山積みされた死体の中に、生きたまま放り込まれた。処刑の銃撃は盲撃ちだったに違いない。裸のまま気絶していた私は、死体の山の中で凍えずに済んだのだが、翌朝、生きているのが発見され、獄房に移された。その後、いくつかの苦難を経て、医師であった私は中国軍の軍医に留用されて生き永らえた。軍で再教育され、結婚し、子をもうけ、長征の後、帰国して秘密裡に工作隊に所属した。母国の秘密警察にも所属していた。魂などどこにもない。
 黒い外套、手袋、黒眼鏡の出で立ちで二重スパイもどきだ。旧帝国軍だろうが共産軍だろうが、戦勝国だろうが敗戦国だろうが、軍隊組織のやることに変わりない。軍に正義などない。軍隊とは人殺しの組織だ。権力の庇護の下に、抑圧と殺人の悪鬼じみた所業をなす狂人集団なのだ。DNAの連鎖が、次の世界に、次の世代の私を送りつづけて。
(悪夢 III〈半島〉)

連載【第072回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈transformation〉

 nightmare III

 〈transformation〉
 たしかに微熱を帯びていて、心理状態がすこぶる悪化している。そしてその状態が全身の関節から神経を伝って、ネットワークを作っていくのだろう。神経システムに攻撃を受けているのだ。そのことに、もはや抗えないことが腹立たしいのかもしれない。呼吸を繰り返せば腫れた扁桃腺が引き攣るように重く反応するし、何よりも末端の神経が軋むと瞬時に伝播する疼痛が思考を裁断するのである。
 精神病棟の奥から、細い声がする。
 あたしよ、あたしがいるわ。
 そのような声を実際の声音とともに聴いているのはなぜか。その女性的なことばと弱々しい音。自分が女性化した意識を、対象として望んでいるということなのか。自分の中に女が住み始めている。性器が同居し始めている。自分は理性的で、それほど破綻のない思考と感受性でここにいるという自負はある。それにもかかわらず、ここにいるというだけで、苛々するような痛みがその日常を制してくる。珊瑚礁に棲息するクマノミが変態するとき、海水の圧力は関係しているのだろうか。その変態には何かしらの悲哀が込められているのかもしれない。そして、その圧力に押しつぶされている、もうひとつの感覚を認めている自分の中の日常の、あの女の声。あの女の何を触ったのか。あの女は何も反応しなかったのではないか。しかし、しばらくすると、そのことについて生じたいささか強い感情と思考の持続の中で、自分の中の女の声が失われていったのである。

 室内に冷気が立ち罩め、高揚感が鎮静し始めていたため、それは明確とはいえない肉体現象なのかもしれない。だが、この現象は痛みとともに、ある事態を蔽い隠すような稀薄化なのではないか。いずれにしても、あたしの味方、あたしの思考の側にあるものではないような気がする。(悪夢III〈変態〉)