作成者別アーカイブ: 緑字斎

連載【第071回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈ant’s nest〉

 nightmare III

 〈ant’s nest〉
 蟻の巣の屋敷から、私は目隠しと猿轡をされて、どこかの病院に連れて来られた。箱詰めにされて、黒塗りの霊柩車のような車に乗せられ、そこは古い運河べりの公立の総合病院であるようだった。病院自体は新しく建て替えられた近代的な建物だが、空気全体が古く厳めしく、どんよりと濁っていた。
 病室のベッド上の寝具は片付けられ、硬いマットだけが広げられていた。その上に、丸っこい物体がごろっと転がっていた。つやつやした肌色のそれは、ほんものの肉の足指が足からごろっと離れたものだった。そして、隣のベッドに寝ているのは私の母親で、そのリウマチの足先には指が外れて抉れた痕があった。母親は、二十数年前に死んでいるというのに、人形とも思われない生きている肉体。だが、手前のベッドには痩せた赤ん坊の死体がある。黄色い体液を吐いて、数十年前に病死した妹の赤ん坊の姿だ。年老いた母のばらばらになった足指の傍に、いつのまにか裸の赤ん坊の丸々とした死体が横たわっている。私はまだ母親に抱かれて、悪夢を見続けたいと願っているのか。
 私はその部屋の隅にあるバスタブに押し込まれる。隣室の広い会議室では、病院を経営していたカルトの秘密集会が開かれている。病室と繋がっている扉を開くと大講堂になっており、演台を中心に放射状に広がる階段と机、多数の職員たちの様子が窺える。なにやら人体実験とか儀式についての講義がなされているようだった。
 私は収容所から逃亡するために、病院の高層にあるガラス張りのホールから、運河に向けて飛び降りることを考え続けていた。(悪夢 III〈蟻の巣〉)

連載【第070回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈multiverse〉

 nightmare III

 〈multiverse〉
 世界が個人的に分割されていくとはどういうことなのか。現実、宇宙、あるいは次元とは、〈見ること〉が経験することであるなら、その事象を〈見ること〉自体が判断したり、選択することで多宇宙が生み出されていく。粒子が自己という鏡を見ることで反粒子として分割させるように、多宇宙をすべからく経験していくのだ。そして、複数宇宙(マルチバース)から見ると、分割宇宙は同時に並列して存在し、粒子そのものから見たときには()宇宙は分割されずに単一宇宙である。つまり、単一宇宙の経験を終えることで、別の()の宇宙に切り替わり、次々に別の世界体験を経ていくのである。見る主体は全宇宙の存在の全可能性を知るのだ。
 その意味では、現実は体験上単一であり、複数現実ではない。だが、見る主体は、単一世界を終えることで次の世界からさらに歩を進めて、全宇宙を自分のものとすることができるのだ。人生の成功も失敗も、幸福も不幸も、すべての分岐世界を体験するために。

 どんなに抑圧されても、悲惨な目にあっても恐れることはない。この世がすべてだからと、自分を諦めることもない。現実がすべてではないのだから、抑圧に対する抵抗者となって、思うことを存分に果たすことが可能なのだ。
 抵抗する者はつながりとなり、系譜となって()の世界の分割を進めていくこともできるし、多宇宙に飛び出していくこともできるのである。
 成功者とか抑圧する者、支配者の世界は単一現実における短命の貧しい体験者であり、これに対して苦しみ闘う者は豊富で質の高い体験を、全宇宙を通じて果たせるのだ。
 彼は奴隷にはならない、家畜のように使役されたり、食肉に供されることもない。国民であったり、市民だったり、下僕だったりしない。全体に支配される部分などではない。誇り高き抵抗者の思いを継ぐ者は、権力の亡者にへつらうことはありえない。たった独りといえども、その思いは断乎たるものだ。主義、主張、あるいは帝国軍だろうが共産軍だろうが、また権力と抑圧、ファシズムの下僕に幾度となく囚えられても反抗をやめることはない。

 パラレルな世界を生きることに、利益や損得はないのだ。人が生きていく世界は、たった一つではない。そして、個の断念と希望の継承ともいえる戦意は、全宇宙のあらゆる複数世界でもつながり、重なっている。経済法則、もっともらしい処世技術、捏造された支配原理、法律や罪と罰は、たった一個の強欲な権力構造が強制したものだ。普遍的な正統性など、そのどこにもない。自然原則といえども、多世界であれば同じはずがない。
 どのような権利で土地を奪うのだ。どのような正義で税を収奪するのだ。誰のものでもない、この世界から。(悪夢III〈複数宇宙〉)

連載【第069回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈toenail claw〉

 nightmare III

 〈toenail claw〉
 おまえを逮捕する。よけいなことを考えているから、おれたちが出張る羽目になったのだ。公安とは別に、非公然の秘密組織があるなどとは知らないだろう。おれたちは秘密保護法と共謀罪法によって、国家保安本部4局に属する、国家の敵を対象にした防諜、摘発組織なのだ。
 夜と霧にまぎれて、映画に出てくる暗殺隊のように、黒いコートを着、黒い手袋をはめ、濃いサングラスをしている。透明になって、市民の中に同化してしまうこともある。捜査や逮捕における権限の行使については、一切の制限はない。事前通告もなく、突然の襲撃と逮捕から逃れることはできない。
 拳銃を口の中に押し込むと、これをしゃぶっていろ、と命じる。覚醒剤の常習を窺わせる注射痕のためか、秘密警察官の腕には青痣が何箇所にも残されている。とろんとした表情に血走った目、耳まで裂けた赤い唇が異様な精神状態を示している。火薬の匂いのする銃口、たしかに鉄は血の味がする。
 おまえにはもう自由はない。永遠に。黙秘権もない。どうせ裁判も不要だ。もともと法なんて嘘っぱちだ。民主主義なんてものは、ギリシア時代からおまえたちの側にはないのだ。ところで、病院の鉄格子と刑務所の鉄格子と、どっちがいい。それとも、身元不明の死体になるか。

 私は尻を丸裸にされ、四つん這いになった後ろから肛門の検査をされる。性病と痔の検査。しかし、鑑別されるのは恥辱による服従心。ゴム手袋をつけた指が肛門の中を探る。薬物とか凶器の所持を疑っているのかもしれない。人間の体なんて、何かを隠す道具でしかない。
 恐らく私は体中を紅潮させていたに違いない。権力は人間を逆さまに吊るし、虫けらのように支配するのだ。組織の男たちはロープを使って、私を縛り上げ、天井からぶら下げる。裸に剝いた私をゴム棒や乗馬用の鞭で打ちすえる。コンクリートがむき出しにされた天井には裸電球が灯り、壁面では蝋燭が揺らめいている。ここは叛逆者を弾圧するための拷問部屋なのか、あるいは隠微な欲情が渦巻いているだけなのか、虫けらの私には知る由もない。石の床には剥がされた(あしゆび)の爪が残されていた。(悪夢 III〈(あしゆび)の爪〉)

連載【第068回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈magnetic material〉2

 nightmare III

 〈magnetic material〉2
 あやうい吹き溜まりのような商圏を抜けて周りを見ると、その辺りは丘の中腹で、古い小型店舗や建物が密集し、さらに進むと昔ながらの下町を抜けて、塀のある高級住宅街が現れる。そこに至るまでに、細い路地や方向の定まらない曲がり角を何遍も通ってきていた。次第に、私は電柱やブロック塀に貼り付けてある住所表示が、よくわからなくなっている。
 少し離れた後ろから、なにやら複数の黒い人影がついてきていた。嫌な気がしたので、電柱の影に隠れ、やり過ごすことにした。そのため、私は犬から猫の仮の姿になったようだ。自分が何であるかの認識が混乱し始めている。
 記憶していた道順が曖昧になっていたせいもあるが、当てにしていた曲がり角になかなか到達しない。高い塀が延々と続く広い邸宅が道路を挟んで隣り合っている豪邸街なのだ。塀の上に跳び上がると、塀づたいに歩くことにした。そのせいで、いつのまにか距離感覚に混乱が生じていた。静かな佇まいの屋敷の門前には鬱蒼と茂る古木があったり、外国の公館や庭園のある美術館や能楽堂などを見かけることもあった。しかし、何度か見かけたことのある建築物なのに、古い記憶にあるどこか別の建物と重なって、どうしても思い出すことができない。別の時間と言い換えてもいい。そうしているうちに、自分のいる場所、歩いている道が、見たことのないところに思えてくるのだ。記憶障害とか脳梗塞、アルツハイマーに突然襲われたかのような違和感と、そこにぽっかり空いた景色のような。

 私はさまよう。そして、迷い込む。掉尾を飾ることのないドラマツルギー。迷うことに結論はない。迷うという自分は受け入れられないということだ。私はさまよっているから、ここに足を踏み入れたのだ。無数の細胞のように仕切られた奥津城に。
 偽名を交え転々として痕跡を隠し、秘密警察の追尾を警戒しながら、その小さな家の小さな入口を見つけた。辺りは、中心部から少し離れた丘の頂上にある住宅街だ。その中に、古民家を改造した美術館がひっそりと建てられている。そこに異端の名品が蒐められていることなど、気づく者など誰もいない。
 殺風景に見える庭には、すぐ二階に通じる階段があり、鉄柵をガイドに上ると、覗き窓のある小さな扉が隠れている。そして、取り付けてあるカウベルを使うと、白い顔をした女が出てくる。
 そのような手順で、私は蟻の巣のような屋敷に入ったのである。なぜ蟻の巣か、なぜ屋敷なのか。それは、そこが地下世界への入口だったからでもある。自分が蟻でもあるから。(悪夢 III〈磁性体〉)

連載【第067回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: nightmare III: 〈magnetic material〉1

 nightmare III

 〈magnetic material〉1
 空中を高速度の地下鉄が走っている。高層ビルをつないで銀色に光る電車が建物内のプラットホームで停まると、乗客はあわただしく吐き出される。監視カメラのアングルがかすかに変わり、レンズが光った。私は顔の角度を変える。
 駅ビルはアール・デコ風の建築で、薄緑の壁面と乾いた控えめのピンクの飾り枠が全体の基調となっており、ゆったりとした階段の敷石には乳白色の強化プラスチックが張り込まれている。大理石を模した重厚な趣きの階段の両側には昇降別のエスカレーターが備えられ、プラチナ色でコーティングされた手すりがステップより早く巻き上がる。建物は巨大な中央ホールが天井まで吹き抜けになっていて、モスク様式の天井にある明かり採りの円窓からは、時刻に応じた自然光が注ぐ。天井全体は十二角錐で、壁との間に配列された切石で支えられ、区分けされた十二面には、ミュシャの図像から想を得た黄道十二宮の金箔のレリーフが展開されていた。
 中央の大空間を囲む各階のフロアの、グラウンドの次の階から数えて十二階に高速地下鉄の駅がある。階段を上った各フロアの正面入口には、重苦しい鉄錆色の金属の台座上に、透明で不規則な形状をしたクリスタルの氷塊状の彫刻がある。氷の底部は台座の固まる寸前の鉄鋼が作品と融合しているかのようで、抽象表現の立体自体はまさに凍りついた水晶の内部世界だ。この緻密で澄明な標本ケースには、稀少な深海生物のような、気味の悪い異形の生物が封入されていた。まるで地球外生物、あるいは宇宙人の生体標本がそのまま埋め込まれた未来の棺桶、まさしく骨董的美術品なのだ。
 階段を下りながら、このとき、影のように得体の知れない亡霊の気配を感じていた。私は誰かに監視されているのか、それとも私自身が剝かれて、異質の生き物に変成させられようとしているのか。
 このグロテスクな高層美術館のエントランスから抜け出ると、舗道はなだらかな上り坂へと通じている。広い車道を挟んで、商業地区にはシアターやショッピング・センター、レストランや大小のギャンブル・サイト、大音響のロックとジャズ、宣伝カー、客引きの怒鳴り声、サンドイッチマン、ピエロと路上音楽、どぎついファッションとメーキャップの少女たち、換気口から吐き出される屋台や食堂の煙、刺激的な匂いが混在し、街路に充満している。そして、その喧噪を目指して、周辺の街区から身動きも取れぬほどの人々が押し寄せる。通行人や建物の後ろに隠れて、得体の知れない何かがくっつこうとしているのだろうか。人々の背中一面には、平たく延びた磁石が貼り付いていて、怪しい視線を呼び込んでいるのかもしれない。いつしか、私自身がその磁性体となってくるくる回転し、人々の背中を移動しているのだ。(つづく)