作成者別アーカイブ: 紙田 彰

連載【第034回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: spinning sea 2

KL20150519, Akira Kamita, Acrylic, A3

 spinning sea 2
――うわーっ、なんだ、痛いじゃないのぉ。だれか助けて! 嘘ね、医者はうそつき、目が回るくらい痛いのよ。萎んだ体が力なく緩んで、頼りなく覚醒を訴えてつづけているのに。
 しかし、それが手術による損傷のためなのか、病巣につきまとう本来的なものであるのかは、たんに肉体機能の評価の問題なのではないかと。あなたの考えていることなんか、お見通しよ。生命の正‐負に振れ続く機能は、生命遺伝子とでもいう物質に装置されているのだとしたら、この装置がどのような運命に導かれているのかを知ることができるとでも。

 手術後の検査では頭骨の転移は進んでいて、さらにPET(陽電子放射断層撮影)で肺の原発巣が確認され、頭部の癌は縦隔のリンパ節から転移したものという所見が示された。
――だから、その後の頭蓋骨の転移癌に対するガンマナイフ照射は対症療法でしかなかったのよ。
 たしかに癌細胞の棘が正常細胞を露骨に侵していく映像は生々しい。

 けれども、さらに遠隔転移はこの種子を全身の全細胞に植え付けていく。それに対する標準治療の数々、新薬による新治療の数々。その長い長い闘い。
――そのあげく、治療の可否はどうなるというの?
 どのような症状を基準にし、どのような腫瘍マーカーをあてにしても、明確に見えるものなどどこにもない。わずかに確かめられるのは画像診断による病勢の進行。化学治療は治癒と延命との間でどのような物質機能を示すのかしら。

 それからは、画期的といわれる免疫チェック阻害薬をはじめとして、化学療法の世界で踏み迷っている。遺伝子標的薬は硬膜を越えることが難しいから、脳内で効力を発揮できないかもしれない。わたしの体と運命的な寿命と、妄想的な医学の熱情との長距離走。
――遺伝子が、生命が狂いだしている! それでも、私は戦わざるをえないのよ。目の前の新薬に心奪われるとしても。
 それは治療の古い歴史に沿うことでもなく、治癒という概念に囚われることでもない。そもそも、わたしが質的に異なる生物なのかしら。あるいは分類学的に別種なのか、それともたんに異物なのか、侵入者なのか。生物学のどの立場から評価されて、生命修復の対象になっているのだろうか。(棘の海)

連載【第033回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: spinning sea 1

 spinning sea 1
 わたしがその兆候に気づいたのは、東南アジアの古い都市の旅から帰り着いてすぐのことだった。眠りから目覚めると、後頭部に何かしらの違和感を感じたのだ。簡単な打撲だと思ったのだけれど、嫌な気がしたのも確かだった。内部に向かった棘、触るとぐにゃりとしていて。
――わたしが肉体のゆらめきなのか、意識のゆらめきなのか。そのどちらでもいいし、そのどちらでもないのかもしれないわ。
 棘ということばから、わたしはとある大腸ガンの顕微鏡映像を思い描くのだが、頭部の細胞はなおもわたしを深く攻撃する。

 あなたからの国際電話の数日後にクリニックに行き、何軒かの病院を回り、大学病院の脳外科で腫瘍があることが判明した。
――たしかに細胞は、細胞膜という皮膜とその内側の物質で作られた肉体の基本単位なのかもしれない。けれどもその内部は物質ではなく幻想という内容物なのかもしれないのよ。
 わたしのこの女性的な感覚とは異なって、あなたは肉体を単に生命装置の発現だと考えているのね。生命の実現つまり細胞レベルでの分裂・増殖の正のベクトル、そして生命活動の抑制という負のベクトルを持つ調整装置だと。

 半信半疑だったのだけれど、硬膜への浸潤があったので言われるままに開頭手術を受けた結果、悪性のものだとの診断が出た。硬膜から脳内に浸潤が進むととても危険だともいわれて。
――わたしにはわかるの。この悪性腫瘍はすべての細胞と同じ出自と履歴を持っているけれど、定かではない原因でその幻想の根幹部分、遺伝子配列に損傷を負った形跡があるのよ。
 あなたは繰り返す。生命活動とはこの正‐負の機能を同時に支えることに他ならないと。

 頭部の皮膚縫合部はチタンプレートで閉鎖し、浸潤部分は人工硬膜(ゴアテックス)で転移をブロックし、目が覚めると痛みはすでになくなっているといわれていた。(つづく)

連載【第032回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: bourbon cask

 bourbon cask
――わたしは何について考えたらいいのかしら。何かを愛しているという錯覚、それとも憎しみについての物語?  つまり、肉体の猥雑さをいとおしむべきなのか、身体機構のヒエラルキーに反抗すべきなのかしら。それとも、わたしはわたしから見ることのできないからだの外側の世界、からだがいくつも重なっている世界を愛しているのかしら、許せないでいるのかしら。無限に重なりつづける宇宙のからだ、わたしの性器が受け入れられないもの。

 強いアルコールを口にするときの癖で、彼女は断定的な調子でいくつもの結論を並び立てる。そして、私をばかにしたように(なじ)るのである。このときは、乱暴ではあるが pousse du bambou(筍)のアヒージョ(オイル煮)をウイスキー片手に食していた。

――では、意識下の無意識は幻想の身体機構の影の世界ということになるわね。幻想の裏側ということは実体といえるかもしれない。身体機構は統制管理構造だから、それとは異質の「場」であると考えると、それは肉体の最小単位である全細胞からそれぞれ発生する意識のゆらめきということにならないかしら。いえ、無意識のゆらめきと。問題は統制システムのファシズムを明らかにすることにあるのではなく、このゆらめきを愛することにあるのよ。あなたはそれをどう考えているの? 存在の問題は何を愛するかに尽きるのよ。でなければ、ただのひとりよがりというものよ。

 酔いつぶれた彼女には申し訳ないが、私はひとりよがりでけっこうなのだ。出口のない蛸壺に入っているにすぎない。それでもけっこうなのだ。恐ろしいことに、私は宇宙的現実は無いという悟りを手に入れようとしているのかもしれない。あらゆるものは、ただの見方でしかないというのはそのことなのだ。それも、それぞれ(・・・・)という、仮定の(・・・)質点からの。(バーボン樽)

連載【第031回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: fascism without the summit

 fascism without the summit
 つまり、システムレベルではこの内部にある限り自己なのである。所有を知らない単純集団は細胞の組織構成と同一の結合関係を持つといえる。所有は共有であって、私有の概念はない。いや、所有の概念がないともいいうる。集団的。あるいは階層的。または幻想的統合システム。

 生物がたった一個の独立存在だとすると、あらゆる生物はこの統合的一個の全体性の生命活動だとして、だれも見たことのない、だれも見ることのできない、不可能性だということになる。
 絶対的な唯一生命体でしかないならば、世界はミイラのように固定化して、死滅しているだろう。いや、そのような超古代の生命はすでに生命の全機能を失ってしまっているだろう。

 人間的システムが発生論的であるから、発生原因が多元的であっても、結局、一元化され[反宇宙的存在]に過ぎず、増殖、成長、発展しても、その根源性から逃れえない。
 人間的システムであるかぎり[生物的存在=細胞存在]、つまり生物的自然から逸脱できない。

 物質的な存在の内部のような実体。まるで概念的、抽象的、幻影的なあいまいさ。その先にあるのは不可能性と、稀薄な未来、ものとものとの結びつきからさらに離れていって、涸れてしまう種子。(頂上のないファシズム)

連載【第030回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: light cage

 light cage
 それにしても、クオリアは身体の全体的な認識領域なのだろうか。それも、単一の。それこそ、質の異なった、サイズの違った、別の領域を複数個持つと考えられないだろうか。そして、それぞれの世界の関係は矛盾に充ちたものであると。
 そもそも意識が単体と群体で構成されているなら、クオリアはそれぞれの認識の範囲で世界を形成している。つまり、境界構造を持っていて、これがクオリア間、あるいはクオリアの内部と外部の枠組みとなり、細胞膜のようにクオリア自体の矛盾を変成するのかもしれない。

「ぼくが囚われている光の檻は、ぼ、ぼくのつくり出した触手のようなもの、のだ。」
「わたしは、しは、この関係を成長させるために、わたしの、の性を溶かしているのよ。」
「お、れ、が、ぼ、く、たちが多重化すれば分岐する性が発生するのだが、それ、れらを封じて性をどろどろ、どろに溶かして、発生というものをトランスしてしまう、うのだ、しまいたい、たいの。」
「わた、した、ち、変形や変質はそれぞれのクオリアを、さら、さらに多重化する、る。」
「 、 、 、グリロは無の中に、なかに、その道筋を開示するのさ、のよ。」
 そうなのだ。彼らのことばは宇宙卵についての示唆なのだわ。
 何かが混濁しているにしても、宇宙卵は分裂する意識、増殖するクオリアを拝胎している。少年たちはいまだ殻の中にある形のないもの。殻の中にいない形のあるものなのよ。
 そうだとすると、わたしは殻にへばりつく平面意識、同化などすることのない、影さえも失われた孤立した性!
 この平面は鏡体の表面なのだ。それとも、意識とクオリアの境界構造なのか。

 意識は他の意識と激突することで、イメージの牢獄から逃れることができるのではないか。つまり、エネルギーが生成されるということ、発火することによって光を発するということ。

 たしかに、感覚と情緒に深入りすればそれはつねに危殆の淵を辿ることになるだろう。そして、そのことでいっそう裏切られつづける。しかし、私はそのことばを、従属する意識あるいは抵抗する意識として使っているのかもしれないし、あるいは反意識という意味で使っているのかもしれない。ただ、だからといってはたして意識ということばを定義して用いているのかいないのか。
 物質であることと物質でないことにどのような境界があるというのか。(光の檻)

自由とは何か, 2004.8, oil, canvas, F100(1303×1620mm)