魔の満月 詩篇「見夢録」(マミ夢メモ……)

1 2 3

見夢録(行分け版)

マミ夢メモ
魔行の曼陀羅の投影図法の歴史の鍋よ
記録表の数字が手術台の極彩色のたおやかな光の女どもに永遠の四捨五入を迫られている
だが統計学は事件簿に等しく転変の菫色から零へと垂れるであろうか
親族の夜は古代から不倫の車輪であり劣悪なる壺の心棒である
父の帰る頃の王宮は肥満体の花どもによって性器がしなやかな鞭である
数台の自動車に分乗してパーティの証拠湮滅を画策すべく銃火器を用いて深夜を警備している水銀灯を殺害する
おおその背にマッターホルンのように聳え立つジャックナイフよ
曲芸人の肘には殺人事件の筋肉が聖衣さながらに感光している
頭蓋骨を撫でよ
机上の宇宙モデルの頭蓋骨を撫でよ
それは古代のランプである
またそれは巨人伝説の魔法である
それから頭蓋骨を展げよ
その中には記憶の寸断という美酒があふれている
前後不覚の電線の路地という路地にどろどろ腐蝕した蛸や蝙蝠や燭台の足が吐かれる
美貌の少年たちの美貌の臓腑よ
おお紺碧の激痛が尻の根元から汚濁した七色のインク壷を噴出させる
熾天使の王たる電気回路を逆さまに果実を転がしている共有結合
巧妙な打楽器の激しい列車は真空管である
鏡板の迸る涙が切妻敷桁を封じ込めてゆく
薄暗い教会堂を陶器でできた年代ものの北欧人形が訪れる
だがその老婆の胸に抱かれた枯花がみるみる値札を開いてゆく
頓興な少女の黄ばんだドレスあるいは雨雲の襟巻にパン屑や造花が弾丸を飛ばす
牡蠣は人面相をしてゴシックスタイルの官僚である
差掛屋根の南方系樹木の果実は黄金のコンソールテーブルである
それらは第一夜の所業でありとりわけ第二夜には部屋の勾配に倒れ込む資産家の失踪が宣言される
四柱式寝台に招待された被害者と追跡者は擬不活性ガス構造をもっているであろうか
羽目板には留金と刃が薔薇窓である

1 2 3