七色分割 (実験詩集「浣腸遊び」, 1974)

1 2 3

エモーショナルの絢爛をほう
反射の直会なおらいを地理欲情され
鷺へと鉦打てる
緋の節をひえこんでゆく死体“ん”
偏光曳きの刻まるジャズのほろみ
御幣みてぐらにふるわれ また
いつか悪意に口づける

忌籠れ
さるの衝撃波さえ肌に濡れ
かりそまる薄空を竿立てて
螻蚶の花 透いたみどりをしたたれて
みちぐらる漆黒に石棺宇宙を抱かれて
吊れる 首ひとつ 浮き流れ
日常をレンズかさめて不可視の可視へ
姿容される無限を浮けよ

始源する 火祭れ
黝みの乳首吸わる闇の児
火芯に吸わる屍臭か
ゆらめきを視えよ尸童ペルソナ
また 反世界する孤島
吹きあげの花びらの舌よ
よみ刺せよ 死の火翳
臨月うみづきる燦々たるエロティク
ばらふり ばらふり

1 2 3