魔の満月 詩篇「楽天地」(栄光は薄暗い小部屋の中で……)

1 2 3 4

楽天地(行分け版)

栄光は薄暗い小部屋の中で瞬いている
はしゃいだ子供たちの頬に口づけよ
廻転木馬に跨りながら
河辺の遊園地はきらきら光る朝陽とともに健康である
妻の名を冠せられた橋を起点に禍の橋や粗忽長屋の棟を眺め静かな海に向って冒険の道が延びる
それは母への精一杯の婚礼の挨拶である
その昔工場から直送された麦酒がほろ苦くドイツ風レストランで蓮っ葉な商売女と一緒によく泡に濡れたものだ
山師どもの跳梁した時代
慟哭すべき略奪の季節よ
十九世紀の晨光の下で王の墓が開封される
爆竹が小うるさい銀蝿のように南風の中で鳴る
骨董品は蘇生し大理石の階段はゆらめく烟のように天空に紛れている
AIを染織した花が咲き乱れ子供たちの真紅の血潮が雪化石膏の部屋に溢れる
石版の昏がりで幻の水晶球が素晴しい色彩の光を放つ
半盲の詩人にとってそれは高貴なる廟である
老婆が聖刻文字で印刷された入場券を売り歩く
甘い歌声が聞える
誘惑するのは誰か
レ―スの縁飾りの付いた白無垢のドレスを纏う花嫁
あるいは祖なる四大から発せられた磁力なのであろうか
写真機のマグネシウム閃光のように早朝は寒冷の岸辺で顫えている
文明の頽唐期が脳髄の淵から書物の源に架かる綺麗な印相を残す
波止場に色とりどりのヘリウム風船が舞い上がる
ミルク罐を抱えて駈け出す女の児
倉庫の重い扉や桟橋を舞台にしたギャングごっこ
ときたま酔っぱらいが恐怖の嗚咽をあげる
おお亡霊のようなほぱしらを傾けて船が出航する
廃液に充ちた海面は鴎たちの滑走路である

1 2 3 4