魔の満月 詩篇「貝殻伝説」 (ゆけども間断なく書物は……)

1 2 3 4

貝殻伝説(行分け版)

ゆけども間断なく書物はめくれあがる
タロットを用いて彼らを呼び出そう
光は失われているのだから
闇の彼方から地底の使者たちが黒い布にくるまって現れる
翼ある怪物に騎って紫の水流を渡るもの
心臓の形に切り取られた鳥瞰図を作成するもの
王蛇科に属するとぐろ巻くものの飛行のような
華やかな光が点り次第に濃厚な色彩を映し出す
使い魔たちは三種の得物を携え僧服から頑丈な貌を覗かせる
だがこれらの舞台を領する幻覚は砂粒ほどの大いさである
脳髄剥離はこのときなされていたのであろうか
夜の充溢もしくは性器のようにべろりとした薔薇
楽園の悩ましい匂い
空想物語の奇怪な言葉は秘密の裡に次なるシレーヌを誕生させる
満天の星は薄汚れていた
左腕を折られた酔漢が地べたに伏していた
貧血の靫蔓うつぼかずらの巨大な袋から夢の液が浸み出ている
おおこの魔の薬草の素晴しい効用とは
端正な口許から白い犬歯をみせて上等のマントを小気味よく翻しながら一人の紳士が近づいてくる
鋳掛物の月が超大な棹を突き立てて祝福する
神降しの台座は太陽を身籠っていた
そのあたりで羊水を貯えた鉱物が見出される
それから十と三つの断崖に括られた誘惑の堕天使が鳥肌をふるわせ想い出を託して細い声で唄う
のっぺりと白い渦が耳鳴りを伴って浮游する
洞窟や耳朶さらに書物の花冠へと幻聴はどろりと紅潮した旗を振る
そうして下腹部に矢印の尻尾を生した僧職が澄み切った星空に酒気を放ってゆくのである
険しい霊気が訪れる
呑屋で高尚な話をする奴なんて嘘っ八だ

1 2 3 4