生魂荒らし (実験詩集「浣腸遊び」, 1974)

1 2 3

鐘楼に伴連れ八重の蔭潜み滴る炎
駒型に亡霊の叫喚を繋げ淵仰ぎ眼の斑
殉死者の広大な野と灰まみれの墓地
炎垂れる月宵草木の河
炎垂れる灰紅い首
炎断つ意志のかたわれ
擾乱は睡眠ねむりの夢
炎は死の前奏をふりあてられ
古寺に棲む青蛙のぬめり
桜花散乱桐花砕け血潮にぬめる
ぬめる
 ぬめる
受刑囚の告白は山吹きに放ち
死因は紺碧の砂に被われ
弔歌は永遠に滅びている

眼は透視図の何処にも設けられずか細い戦慄はダッシュで印されている鼻汁は胃壁を潤し冷めた聴力は褪色した街を刺し抜く

 
白い卒塔婆を河に流し架橋は苦楽
白い卒塔婆を赤い百合で包囲し遺骨を舐め
白い頭蓋骨しゃれこうべを伴連れる墓曝き
退職した坊主と官吏を殺害する霊群
隣の生魂いきだまを殺害する生魂
生魂と生魂との生魂荒らし
七日目の半月を合図に
七日目の半月を合図に
生き魂荒らし!
蛸の群を墓所に呼び
蛸妨主の読経に混れ

1 2 3