diffused reflection

1 2 3

建物と青空の 境界の
あってはならぬ 輪郭が
さし入れれば 向うからも
さし招く ガラスのガラスが
からみあう 見えない輪郭が
物質的な光となって
幾何学的に 交錯する

真っ昼間の 飛行機の音速
地の底を 見透かす速度
ものの実体 明確な影
ものの走る 獣 たゆたう乱反射
水の 原色の
破片がおどる

混濁する絵の具の 光色の絵の具に
照らし出され 色点の増殖から
おごそかな黄金面から 溢れるから

土の中に 水の中に
深く浸されつづく 不浄を
よみがえることのない
失われた魂と ともに
いかさまに まどうこともなく

粒子がたがいに寄り添い
誤差の論理で
美しい立体が迫り出してくるから

1 2 3