旧作:197302: 拒否方程式

1 2 3

日時計の白光する崩壊
雷雹による午後の破砕
かすかな夢にともなう夢の
不連続
(だから寂寥の鏡)
分割する地平線を
低空飛行する数式
逆回りの時間帯! ああ
既に 君らは孕まれていた
ああ 既に
孕まれていたのだから

火の頂! 時の微積分は
鏡のような七色のシャーマン
だから 夢
夢の ふるえる
こころへ……

(『現代詩手帖』昭和48年2月号 1973 石原吉郎・選)
[作成時期] 1973/02

1 2 3