雑体:00300 : 自由なるかなはるかなり

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

自由なるかなはるかなり
  (1989年初、パソコン通信PCSでのハイパーノーツによる試みから)
 
 
明けぬれば松の内なる日々の風
 
生成とは死を死ぬのでもないアメフラシ
 
あくればまつひとのこころのいとをかし
 
 
 
凍る雪 何もない何もない
 
凍る雪 ありうべきものの眠る夢
 
シベリアを 死ぬるといふなり アエロフロートの窓辺
 
むくむくむくむく立ち上がる北極点ゆきの氷に沁みる熱き薔薇
 
流氷に棲まふ水よ どこの春なりどこの夏なり 肌へはふるふ
 
 
 
番外
はたらけど 眠られぬ酒 FAXの前で
 
 
 
火の旅の糠雨に沈むモンパルナス
 
旅のさの火の霧雨と白き 墓碑(tombeau)
 
ボードレール サルトル 牡蛎のある街

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10