旧作:197403: 魔の満月 第二部(習作)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

硝煙。鏡と鏡との対話。胎児のあぶなげな疾走はいつのまにか薄汚れた帆の尖に吊るされているとすると。
挑撥する気流。強勢法。食餌療法。脂がうすいこごりを残し、白昼の青天に、空の皮を剥ぎおとしている。
ある種の海図。糖尿病の地核がほのかに波打つと、岩肌には木目の彩やかな家具が、その主とともに匿されてはいる。
その靄からたちのぼる紡錘状の旋律である。
腥い精力。凍える熱帯魚の串刺しの眼。硬質のゆるんだ唇のあたり、磨ぎすまされた斑点がなだらかに弧を描く。
ふたつに割れる乳輪。受皿に果実の種がおとされる。飛翔音。低温でゆでられる黄身。棺に刻まれる象形文字。
港が勃起する。鉱山を駈け、銃を抱えた測量技師。土砂崩れ。豚の丸焼き。発情期の道路に満載される花束の量。
から、匂っている。うらがえしている。報復。執拗な睡り。休息日の朝。歴史が、焚火がはしるが、水の浸蝕がはげしい。
賊が、宝が、薬物が、知られてはいないが、鮫の尾が。
滴たる行手。内臓の柔らかな拒絶。出会いにうろたえる原住民族。
不死鳥の伝説が環を、ようやくに結ぶ。
なだらかな軌道に沿って、にぶい。
窓枠の中央から迸る、冬景色。
銅貨、幅広の。弱い相聞の声が跡切れて、散策の青白い林道が、鋼によって切断される。
祈りの語が毬となり。
脚のくりかえし。海峡がぶくぶく泡立ら、騒々しい群衆が軒並に緋の衣を掲げている。古代の言い伝えが反古にされつつあって。
単純な、周囲。諸々の理由が金縁の額に収められ、牙をむいて語りかける。暖炉があって、お隣りには子供がいて、と。
定着、切り抜き、恨み言。
生命体の裏側に訪れる、呼吸。競馬場の歓声から洩れる。はっとした紙吹雪。葉の生い繁った狂気からは、おとし穴が。
液体。冗長な太鼓に首塊が召される。鉱物の組成が綿密に調べられる。膨らんだ風船や子宮にまつわる、ある種の、風。
性質。得体の知れない土地で、不気味な気象に出合う。奥深い家屋の秘密が、鍵による仕業であるとは。
最後の永遠が擦り抜け、妖しい呪文。見事に限定が付され、註釈は退けられ、大げさな危険が展べられる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11