旧作:197403: 魔の満月 第二部(習作)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

矩形の山なみ。書棚に豊富な空虚があるとして、人格異常の小箱を開けるとして、峻別の湖に溺死している者は。
蟹の動悸。空白の数行が雨の朝を渡る。塩田が口腔を開げ、次第に夢の気泡が樹木の翳を掠めて走る。
昔から、どこからとなく、茶褐色にふるびた虹がそこここと降りつける。
母なる月経。思考。調整力。不安定な弾機から、訪れる山岳民族。
船型の家屋。激流。星間物質を倉庫に閉じ込める。古代語が蘇生しかかり、それが白蟻によって再び埋もれる。
聖霊どもの滑降。のしかかり。声。檻。庭にあふれる悲痛の池が化学反応を起こし、黒い鉱物の塊となる。
背中から尾へ開く魚の系、南十字の刺青。旋毛風。極地に聳える男たち。河川を呑み込む花弁。ぬかるみ。無機質で構成されている会話が蠢きだす。
淫らな未来がおびきだす、首。
山査子。旧弊の秩序が、その襞から分岐してゆく。箱舟に巣くう魔の、邪悪な気体。精神が外れてゆく街路には、明確さが。
冠。山羊が飛び込む。語群が火の中へ。幽かな思い違いから、図書館の鍵が紛失される。
額に垂れた夜明から。
仙人。法の拘束される地点に、自ずから光輝を発する沼地がある。その平均的な植物群は鍋に入れられて、吐き出される。
癩の隕石がゆらめく。音楽性の物体。少年期が呼び止められ、細長い館に浮かぴ上がる饐えた腹話術。
琥珀の正視。筋肉から弾きだされると、それは連鎖しながら無規定ななにものかに変じて、質問用紙に横棒を画き散らす。
密談。輪、というのは外と内とを区別するために架けられた陥穽。
拡散、というのは惨めにも果敢で勇気ある透明を述べること。
早熟な朝。はじめは、はじめられたときからぬかるんでいる。
戦き。眩暈。粗末な家畜小舎で地形図が記されていると、体験談が線分の持続される目的の故に無軌道に通用する。
閨声。心得違い。水道路の遺跡から登場する生物はぴょんぴょん跳ねながら、磁気を交配している。
光彩の無定形なは虫類の系。持続する殺意は何処からのものか。競技場に貼りつけられる水晶の冷たい火とは。
灰色涎。機械的な装飾。躾られたことのない倫理。抑揚のあるせせらぎが形を成して、巷間に漂いつつ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11