つづけていた 、夜、を

1 2 3

糸球体への沈着が 証明さされずとも
肉芽腫性病変が 線状のの
沈着がどうなろうと 納得できる
人生を選択する なにが
なにがつづけて ときどきどきの
分岐点なので なのでか

存在自体がかささなり その量子論が
かららんで 最適な人生を
そのときどきに つねに選択する
自らの命運を作ってていく に違いない
結果論にすぎるかも
でははなく に違いない 確率

二十四年後の上海の夜に ふたたび
処刑された労働者の名前を 書き留める
必要が 何が真実で 誰がが
何を記録しておくかが と
無関係ではない

クリオグロブリン血症陽性なら
遺稿についついて話し 形にす
するというが 期するところがする
残り時間が怪しいことも そろそろろ
なんらかの形にするるが
役割でも あるようなあるでも

軍が撃つ皇礼砲 即位をを
記念する二十一発の空砲 がらがらぽん
容器は青、赤、緑 王冠の宝石の飴玉
なめらかで甘く 深いドクを持つ
けがれた谷で二十一年 蒸溜され

1 2 3