まぎれもない感受性だけが

1 2 3 4

交替を待ってて
心停止の 鼓動の残響はひき
つつづき 言葉をかけたり
触れることとばも にたりよったり

ではなく にたりよったりの
二種類のカードを 買うのか
なぜ縛られて(矯正され) 両方ともしまい
充填するのに 命じられにやり

人間はありとかはちなのだからとの
ものを扱う権力とはの ものの姿からは
人間ごみをごみごみだから 容赦なく
強権的な姿をみよや はかたりきと

上海の地鉄乗り換えでは 慎重になって
列を間違ええないのに 並ぶともむだな
音楽をきかされ 自発呼吸はつづくのだが

羽ばばたく鳥もどうあれ
仔犬さえあやぶまれ 引きずられれ
ぶらぶらら吊られ 意識回復の
ど、努力なのか 体温を下げるるは

ラジオを聴かせ ぴくぴく
体を触り 刺激を与え
まぶたの筋肉 がまぶたの気(功)になり

人民広場のベンチで 黒人の指先で
籠球がくるくるまわり 紅いチーフなど
忘れはてて少年が かわりに親指をたてて

バイタルの ランプの点滅々が
変わらぬ品質で ピートの香りも
透明な風景もも 生命維持の数値なんかは

1 2 3 4