(Salò 2)

1 2 3 4 5 6

即物という起伏 反応、ただだの肉だだけ
支配者とも対等に 意識だけは
同じ質と それ以上の量とが永遠をももつ
文化が 死に絶ゆえてから始まるために

文化の 抽象の枠ののみが 文化自体と
老化してて 物理的な世界の
支配のパッチワークが 集合としてして
生態が 飽食だ 体の細胞だのの

老化してむららむらするものなどない
自己評価としての文化概念が
否定よりの 現実迎合に向かかい
窓からら夜空の オレンジ色に燃えるものもを

兵士の世界は 支配者ゲームででも
性の奴隷ともも異なり 協力者や
被抑圧者ともと迎合するが
異常なことにつついて恐れはない

過去とか 未来とか つくくりだすことが
つくりりだすことと 宇宙の奴隷にならないとなる
終末の殺戮場面は 使わない(使ええなかった)
本当に恐ろろしいもの(こと)なので

恐ろししい毒が配剤されれ 料理されて
味付けの毒だと 考え違いするると
頭からら啖って 空っぽの冷蔵庫に
安物の皿と チョップスティックとと
心してていても 中ってしまったと
サディズムと変態性欲を網羅してして

がららんとした広い部屋 高級家具のみの
将来に対して なみなみなならぬ意欲が
まだだヒステリーが 人種の坩堝ととか
成金主義 拝金主義 刹那性を
先が真っ暗とというわけでは

1 2 3 4 5 6