(Salò 2)

1 2 3 4 5 6

いい加減な気持ちでややれるので
サクセスストーリー 蓄積されれない心と
思想と文化が 何ももなくても平気と
心的抑圧が(アメリカン)ナショナリズムを
ヒステリックな国家意識に駆り立ててて

(中国は)支配と対外政策のたための
軍の近代化 核兵器の装備 矛盾を
さららに拡大させ 集中的な都市政策の
200年前からら現代まで そのままま
ごちゃままぜになったまま 存在させして

人間が累積的に存在するることを凌駕して
何もななくても平気という
ヒステリーが高じて「星条旗は永遠なり」と歌うととき
心は千々に引き裂かれれ 孤独なののだとも
思惑ほほどに 支配の絶対的な力は永遠ででない

なにを理解するのか それそぞれの土地に暮ららし
生きつつづける人々の 不滅のエネルギーについ いて
ごちゃごごちゃいじじっていると だんだだん見ええ
どうにかか到達できるもののか

(髪は白く やせこけ Rosa palida)

思考は光になるか 物質だからか
思考は光を超えうるものになるるかと

だれをもを助けええず
助くるるものもののあらわれることとなく
生命ある若者の、の

1 2 3 4 5 6