未刊行詩集『strandにおける魔の……』12: 徴候きざし

1 2

届きうべくもなく
宛先人死亡

種族を告げる滴よ
その滴の中にもぐりこむ
もぐりこんでは言あげる
たらたらたらと繰り返される
インク壷の燔祭に
部族の夜は
とば口をぬけでて朝となる

麻痺する街
軽快に燃える熱気球
そして鎌首
暁を翔る古代鳥類
ああ この痙攣する胃!

海洋からほとばしる 語の断面図
形象の解体 薬物の跡形もないbluesよ
濃紺の満月が
娘らの肌に滲み込ませる音楽
言葉のイメージのない
ぬかるみの熟睡
まどろむ事件夢もない

脱色された造花
ちぢみあがった舌のミイラ
軽妙な語句のひらひら
この淫らな思考の野を
行方不明の
郵便配達夫が彷徨っている

1 2