(こわれゆくもののかたちシリーズ) さなぎ

1 2 3

さなぎ

 なつやすみのはじまった日の朝。わたしは食事をすませると二階へあがり。窓をあけはなした勉強部屋でとじこもって。
 じいっと。
 そとは雲ひとつない青空、とうめいな空。つよい風のひとふきでこわれそうな。たけざいくのむしかごがゆれている。
 わたしは窓につられたかごのなかをのぞきこみ。ナイフでとがらせた十二本のいろえんぴつをとりかえ。
 めまぐるしく。こまかい線とびみょうないろあいで。しろい画用紙にえがいて。
 光にやけた竹かごには。病院うらのやさいばたけで採ってきたあおむしが。きいろいしみのある大根の葉といっしょに。
 はじめは大根のみどりの葉やあおみをおびた芹をつんできて。
 むしのえさにと。
 あげはちょうの幼虫はすぐに蛹化し。やさいくずはむしくいをのこして。みどりいろからひからびたいろになり。
 かごの底にくずおれ。
 スケッチが十枚をこえると。いびつなかたちのさなぎがむしかごの天井からぶらさがる。
 かっしょくの肌をさらして。

1 2 3