(こわれゆくもののかたちシリーズ) 銀色の蝶

1 2 3 4

 ふしぎな植物のそばに近寄ろうとして。
 うっそうとしたしげみからわきでる、まいあがるもの。午後の陽光をうけ。
 銀色のひかりをたたえた蝶が。中空でまばゆくかがやき。
 うわさどおり、銀色にきらめき、ひかりにつつまれた羽をひらひらさせ、沼の上をまわり。
 おおがたの蝶があたまをかすめて、うすい二枚の羽が太陽をさえぎったとき。
 羽をすかしたひかりが紫色に偏光し。蝶はからすあげはの仲間ではないかと考え。

 誘いかけるようなしぐさをみせて。旋回をくりかえす蝶。空中からゆらゆら舞い降りて。ひかりをおびた銀色の羽をしずかにたたみ。
 きみょうな植物の突起にとまり。
 わたしは。はやるきもちをおさえ。いちめんにはえた雑草をふみわけて。
 松の根方からはあおくさいにおいがたちのぼり。とびあがろうとする寸前の銀色の蝶めがけ。捕虫網のしろい尾をはためかせ、ふりおろす。
 ささの葉がかわいた音をたてて。宙をとぶ。
 わたしは蝶ののがれた形跡がないのをたしかめ。あみを水平にふり。ながいふくろをくねらせてから。
 くさのうえになげだして。

 みねをつたい、かっこうの鳴き声がひびき。ふくろのなかにはきみょうな植物もとらわれ。
 わたしは蝶をつまみだしたが。

1 2 3 4