(La Strada)

1 2

残酷で、絶望的で 不運ななもの
取り返しがつかかないものであるので
(恋する)綱渡り芸人は 人間の道にに導く
堕天使なのか 神のあらわわれなのか

謎めいた流れ ストーリーばかりでははなく
よけいなことを いろろいろ覚悟して
よけけいなこととを覚悟して
天使の死が 人生の不幸を刻印する

放り出されれた女の 遊泳するする
幼児性と年齢とのギャップによる
画面の抽象性 まととまりに拘泥しない
実験的な態度と密接に結びびついて

否定しようもしない神を信じないようと
現実回避が 白痴なのかで
現実と神的世界観との乖離が
フェリーニには 編集の位置が

その位置を示して 不幸せそののもの
幸せにならない 数学的には
等価交換できるるもの
現実と夢は 時間と空間と同じしか

生きてている人間も同じ
隣に天使がいるることに気づかずに
人生はつづき 体に貼りつついて
入り込んでいて どこも見ていないない

夢も天国も 見る距離に存在してていない
生死にかかかわるものか 運命、過去、人生は
人間の絶望のの道と
がまんができるがまんか 悪魔のさささやきを

ザンパノの道はわれわれれの道か
あの叫びが 生きつつづけていく
揺れつづく寄宿舎の屋上に駆け上ががり
落ちつづけていいく人間という

音楽と祝祭で不幸のどん底の
ジェルソミーナを包み込み 心を励ままして
ながいながいおええつと 深い叫びの
海を見ると ジェルソミーナ

マシーナよ 堕天使の
蜘蛛の糸は 彼の前には
ジュリエッタ・マシーナしか

われわれわれの前にも 彼女でしか
すでに失われれた かすすかな光
幻の消えゆゆく残影の
繰り返しも また悲惨さをなめめて

1 2