見夢録: 2016年10月01日-12月31日

1 2

日録■2016年10月01日-12月31日

■2016年10月01日 00:56
【かけら】
(“12″についての覚書)
――Nikita Mikhalkov『12人の怒れる男』

また、このロシア軍将校が少年の母親の背後で機嫌のいい様子で映っているシーンがあるが、左の柱の陰にわずかに父親のシャツの背中が見えるので、たしかに叔父なのかもしれないが、若い母親のうきうきした表情からなにかしらの関係がうかがえるのもむべなるかな。
また、このあたりの回想シーンに陪審員の一人の「ロシア軍が家族を襲撃し、叔父が少年の親を殺害し、その仇をとったのではないか」という憶測があるが、これもそのへんの事情を匂わせるものであろう。

2016年10月01日 13:06
【かけら】
Super-string Scope (5/5), 2010.12, oil on canvas, M20×5(72.7×303cm)
Super-string Scope (5/5), 2010.12, oil on canvas, M20×5(72.7 × 303cm)
⇒Works

■2016年10月02日 09:24
【かけら】
(“12″についての覚書)
――Nikita Mikhalkov『12人の怒れる男』

最後で、少年の回想ショットで犯人らしき人物がでてくるが、これも「元将校」が少年を守るという言葉の証明、つまり事件の解決があるので少年は殺されないという後付けのようなものだ。
さらに、母親、父親、叔父の名前を確認させ、元将校の陪審員の名前、さらに犯人の姿を確認させるというくだりもあらかじめミスリードの種をばらまいてから、種明かしをするための確認を迫るようで、あまりいい手口ではないとも思う。

■2016年10月14日 18:04:
【かけら】
睡眠障害から回復したのか?

■2016年11月10日 13:10
【かけら】
回復状態をみるために、見夢録の追加作業を行った。集中力は少し改善している。
まだ不快感は残るが、睡眠も取れている。
薬剤は用いないで、せいぜいゆるやかな自己コントロールなのだが。

■2016年11月24日 19:54
【かけら】
国家を超える、新鮮なコンセプト!!
以下のメールが届いたのだが、これは恐ろしく先端的な世界概念である。
Airbnbのビジネスはともかく、若い世代の可能性はここまで広がっているのかもしれない。
———————————————-
暮らす人と旅しよう

暮らす人と旅する、体験の世界へようこそ。「泊まる場所」から「その土地ならではの体験」、そして「新たな友との出会い」まで。今日から旅をまるごと、Airbnbアプリで予約できるようになりました。
これでますます旅の可能性が広がります。ホストは自分の情熱をゲストと分かち合うことが可能に。ゲストは旅するのが世界のどこであれ、その土地のコミュニティの一員となれるようになりました。もちろん、新しい場所を旅する時だけでなく、自分の街を再発見したり、社会貢献に参加するきっかけになれば嬉しいです。
Airbnbを通してすべての旅が、もっともっと豊かなものになるよう願ってます。旅の思い出作りに欠かせないのは、何よりもそこで出会う人々。そう、あなたのようにAirbnbを盛り上げてきたコミュニティの一人ひとりです。今までの旅の定義を変えるこの新たな冒険に、一緒に挑戦しませんか。

Brian Chesky
Airbnb共同創設者兼CEO
Airbnb

1 2