不眠の森――「dance obscura(仮)」へ

1 2 3 4 5 6 7

 細密画家「癌細胞の皮膜の棘の変化にも興味があるし、いとも簡単に正常細胞の皮膜が破れて消滅していくのもじつに哀れなものだ」
 癌細胞「自分はすべての細胞と同じ出自と履歴を持っているが、定かでない原因でその幻想の根幹部分、遺伝子配列に損傷を負った形跡がある。しかし、それが損傷なのか、本来的なものであるのかは、たんに機能の評価に過ぎないのかもしれない」
 サディ現象「遺伝子とは増殖機能なのか自己殺戮機能なのか。それをどのように断定することができるのか。また、それは何を基準にし、何を根拠にし、いったいどのような物質機能といえるのか」
 癌細胞「そもそも自分が質的に異なる生物なのか、あるいは分類学的に別種なのか、それともたんに異物なのか、侵入者なのか、どの立場から評価されて修復の対象になっているのだろうか」
 細密画家「そのとき私は作為的なことを考えずに、指のままに、筆先のなせるままに、オートマチックな行為に埋没し、増殖したり消滅したりする小さなものたちの思いをひっきりなしに追いかけていたような気がする。刺したり刺されたり、侵したり侵されたりするさまはまるで生殖と同じ行為だ」

1 2 3 4 5 6 7