草稿●夢のつづき

1 2 3 4 5

 原意識、基底意識という肉体意識、身体、人格、精神という統合体意識の二重構造は統合された多元的な回路を持つ情報システムということなのだろうか。それとも、異種異質の細胞間通信の二重存在なのだろうか。まるで別の体系が、波形の位相が交互に現れるように互いを打ち消し合いながら、幽霊通信のように実体の在り処をおし隠している。
 それは単にどちらともつかぬシステムの機能であり、それぞれの組織の属性である。そして意識は自立的に見えるが、細胞間通信の実体のない代謝物である。
 意識における肉体意識と身体意識の二重性は、〈からだ〉における肉体と身体構造の二重性にも通じている。肉体は個々の細胞の独自性から積み重ねられていくが、身体は枠組みとして、統制的な論理構造として外圧的なものだ。いわば、アジア・アフリカ的混沌と、欧米的国家・権力的合理性との差異とでもいえようか。
 表層意識が構造を持つとすれば、基底構造に対して仮想・表層意識という意識の抽象性が統合体意識を構築するプロセスにある。これが、意識が肉体と区別され、非物質的な仮想性を生み出すのだ。基底意識自体が複雑化して身体意識、人格、精神など抽象化の幻想過程という観念体系を妄想するのである。
 この原因には、思考という物質過程の欠落がある。思考と意識が混同されるのだ。思考が生物過程とは別個の物質過程にあり、量子的なレベルによる波動関数の収束プロセスにその発生原因があることと、細胞レベルの信号反応プロセスに代謝物としての意識の発火があることが混同されているのだ。
 思考とは、意識の細胞反応自体の選択判定の根拠を、量子レベルのサイズにまで降りて、それらを集合化して積み上げていく処理過程である。

1 2 3 4 5