草稿●チューブリン

1 2 3

 この収束が、次元の皮膜に無数の泡をつくり、この泡のかたまりの形態が通路の性質に影響し、接地面と管の形態ごとの、物質の生み出す意志(思考)の泡を増殖させていく。

 ロジャー・ペンローズの想定した脳神経のチューブルは、せいぜい原子サイズの物質の波動関数の収束管であったのだが、しかしそれは量子レベルの物理サイズ、プランクサイズの収束装置での意識、あるいは意志の収束が示唆されるのだ。意識と意志を区別するのは、意識は身体機能であり、身体に属しているのであり、身体の外部にはないからである。意識の基底は、肉体が消滅すれば存在できない。それは肉体の代謝物なのかもしれない。しかし、意志(思考)という判定行為は意識の外側にあり、物質の普遍的な場である。つまり、波動関数の収束する物質場なのだ。これは、思考という〈物質場〉と考えるべきである。思考は人間的身体に関与するばかりではなく、物質の意志の収束を示すのだ。

 私はすでに脳組織で考えているのではなく、物質の場、量子としての思考の収束、すなわち宇宙という器そのもので考えているのかもしれない。

1 2 3