草稿●multiverse

1 2

 彼は奴隷にはならない、家畜のように使役されたり、食肉に供されることもない。国民であったり、市民だったり、下僕だったりしない。全体に支配される部分などではない。誇り高き抵抗者の思いを継ぐ者は、権力の亡者にへつらうことはありえない。たった独りといえども、その思いは断乎たるものだ。主義、主張、あるいは帝国軍だろうが共産軍だろうが、また権力と抑圧、ファシズムの下僕に幾度となく囚えられても反抗をやめることはない。

 パラレルな世界を生きることに、利益や損得はないのだ。人が生きていく世界は、たった一つではない。そして、個の断念と希望の継承ともいえる戦意は、全宇宙のあらゆる複数世界でもつながり、重なっている。経済法則、もっともらしい処世技術、捏造された支配原理、法律や罪と罰は、たった一個の強欲な権力構造が強制したものだ。普遍的な正統性など、そのどこにもない。自然原則といえども、多世界であれば同じはずがない。

1 2