魔の満月 0(憧れて風雪数千年の都市に至ってみれば……)

1 2 3 4 5

0

憧れて風雪数千年の都市に至ってみれば今まさに時代は肛門期である
半身が獅子の乙女を殺めた秘法は肉に刻まれた奇怪な符号に充たされているが あのアンティゴネエの父親における罪業は素晴しき知の畸型児として追放に価する
飛行場はこの危険な招待客に対して潔く閉鎖され 女神の座に腰掛けた彼の盲に対すると同様にきわめて慎重な態度をみせている
エルドレにとって それゆえ唯一の標識とは 深い雪に匿された管制塔の内部に組み込まれている銀色の自働器械群の奥にどよめく 電子の世界を独特な装飾で律する不思議な摩擦音というべきであろうか
広がりを誇示し 豊かさにあふれることを示す白亜の巨大な樹雲に囲繞され 円形にくりぬかれたその土地を眺めて エルドレは人の子は空からの贈物に乗って不時着したというプラトン期からの伝承を想い起こす
それは実に臍の形状である
多種多様な形や色彩さらに匂いや舌触りによってはじめてそれとわかるあの窪み
また内部に引き込まれていった肉の筒の残骸
おお 彼の臍によって世界の内と外 始まりと終りは逆転させられているのだ
それゆえに登場人物は物質の内部に秘匿されている非人称である
エルドレはあの乾燥期の神の苑のことを思い出す
澄明なまなざしと無謀な行末に対する狂気とをあわせもちながら
聖地ラドルは底なしの沼のように円形にたえず沈下している一対の空洞と それらに挾まれた小高い隆起と またその丘に直角の方向をもつやや小さめの楕円形の洞窟を中心にして球体を構成している
それら三つの穴は無限の力を秘めた恐怖の淵と称ばれていて 花苑はその周囲にまで拡がっている
エルドレが特に好んだのは二つの畏ろしき淵に挾まれた小高な丘陵地帯である
湿潤期にはボウという帯状の色あでやかな植物がその一帯に隙間なく咲き誇り 恋人たちはその甘美な叢の胸の奥深くで浮游しながら交わるのだ
それはまさしく誕生の大海原である
その柔らかな渦の中で人々は栄光の輝く輪を与えられ 原生動物の快美な祝福に包まれる
エルドレの脳裡を掠めるのは だが湿潤期の去った後に訪れる乾燥期のボウのことである
ボウは恋人たちを母のように包んだまま綿毛状に結実して あのなだらかな それでいて最も高い丘がそのまま険しい断崖となっている土地を純白の丘に変貌させる

1 2 3 4 5