魔の満月 0(憧れて風雪数千年の都市に至ってみれば……)

1 2 3 4 5

それから徐々に あの忌しくも気高い両の淵に引き込まれてゆき ボウの丘にはちょうど聖地ラドルの外形にそっくりそのままの球体が無数にへばりつくのである
人々はその季節のボウの丘を転生の丘あるいは髑髏の苑と呼んでいる
地質学的に検討するならば その丘は人類の鼻骨が進化にしたがって高くなるのに符合して僅かずつながら隆起している
エルドレは操作機器を手前に引き寄せるとブリザードの中を赤い炎とともに突き進んでゆく
おお何という悖徳はいとく
とはいえ近親姦の最たる狼男の史実に沿革家の優しげな唇が淫らな微笑を投げかけている
これは白昼の文明を凌駕する冒険の悲歌となろう
広大な山岳地帯はまさに眼覚めんとしている
骸骨の踊りと称ばれている八千フィートの山がその最高峰である
これを中心に英国式六角星形に蜿蜒と枝脈が伸びて 渓谷部にはそれぞれ特色のある六つの疏水が燦いている
ああ かつて八千フィートの雄大さを誇らんとしていた骸骨の突端は だが神の意企を越えいでて己れの叡智をほしいままにしているうからの野望によって見事に抉られているではないか
はたまた六つの疏水によって大カルデラを六つの山脈に区画するとは
紀元前には金粉裸女の柔らかな爪が権謀術策に媚びている
神の治召しろしめす古代暗号の全貌を解読する智性は秘密結社の悪徳に向けられた血の供託であろうか
倒立して地下に咲く植物の花弁は封鎖された舌の断面図に舵首を向けている
海洋は恐怖の羨望からは遠く隔てられ ただ狂気の星座を計量している
おお寡黙なる荘厳さ
汝らは決して下僕の運命に甘んじてはいないだろう
大陸の都市には血統を押し流す大河川が横たわっている
そのようにエルドレの目指す土地には飛行場だ
まさしく亀裂
阿片常習者の呼吸法は東シナ海の喇叭らっぱの形となる
あの静謐なる八の字は尻軽な化学者どもから生殖器を引き抜いてしまう
彩色の夜とはいえ唯一の空洞である月の博学な呪縛は覇権に関しての調査資料とは別箇の緑地である
記念碑は だがどのような材質のもとに火箭となるのであろう

1 2 3 4 5