連詩 迷い未知 三

1 2 3

 三 光の玉についてのトーク

おはよう!
おかあさんが亡くなってしばらくして、わたしの誕生日にわたしも同じもの見たよ。おかあさんだね。

朝から、現実にありえない物質の意志と光が生きているんだ。
私は、そのようなあの世があると思う、しかない。

覚醒した状態で見ているからね。
こんな、明確なのは初めてだ。

今夜になってもその物質は現れた。光の玉。
この世とのわかれではない、私とのわかれではない。いつでも会えるということ。

そうなんだ。おかあさんは、おとうさんのそばにいるよってことだね。

でも、光は分割できるから、どこにでも行けるようだ。
自由に好きなところに行けると。

遍在ということだね。同時に。

わたしのところにも来てくれるといいな!

1 2 3