魔の満月 i – 2(セント・ピーターに在留を……)

1 2 3 4 5

i – 2

セント・ピーターに在留を許されなかった博士は 目玉を狙う肉屋から保護してやったカプリの幾万羽の小鳥たちによって天国に匿されている動物どもの楽園に招かれる
この翼のある優しい生き物は篭を開けると空へ向かって翔び立とうとして いつもその鋭い箭を化粧台や窓枠に嵌められた凝固した泉にへし折られてしまうのだが コレラの流行したナポリで修道尼にキッスした医学博士ならばこの忌しいプリズムを小鬼に命じて取り払ってしまうだろう
エルドレは自分自身の影を凝視ている
その影は だが別の生き物のようにエルドレとは異なった険しいまなざしで彼を射竦める
おおこの世のものではないエルドレは影などではない
まぎれもなく愛しいエルドレ
塞き止められていた欲望が肉体を再生し 二人のエルドレの唇を重ね合わせようとしている
何という冷たい感触をもつ優しい接吻だろう
おお彼らは水晶のうちに惹き寄せられ吸い込まれてゆき この鏡の内部に封じられる
宝石商の裸体の娘が残した金剛石の赤い痕よ
彼らは交わる あのテラコッタの性器のように
だが流され充溢するのは聖地のコアの石炭袋の暗黒のおびただしい液である
無患子むくろじの硬い種子に封ぜられて船乗りどもの皺だらけの海図が展げられる
半透明のペルガメントの表面には粘菌類の長い旅と永久運動の鞦韆が揺れ動く
庭園の水晶時計が美に関するアリストテレスとの夢問答を噴射する
時狩りが鐘を鳴らし断食の一日を告げる
がんの上に並べられている多彩色の壁画は燧象すいぞうの法のよい標的である
二人のエルドレが重なり合った轆轤の中では十三の約数を再び総合して第四の完全数を作ろうとしている
船に設けられた仮面劇場では巨大な張型を振って王国の秘話が再現されている
粗末な壁に括られた棚に差しかかる茶褐色の日光
あの貪欲な繁殖力をもつ小動物に助命された円形の大広間
風琴の物悲しい細工で世紀の恨みを晴らした老女
おお血の儀式は亡霊どもを呼び寄せる
吊り庭は石炭袋に吸い取られるだろう

1 2 3 4 5