魔の満月 i – 4(闇に囁くものたちの勢力が……)

1 2 3 4

i – 4

闇に囁くものたちの勢力が拡がるにつれ 再び蘇ってゆく火と鏡とを材質にした逞しい武士たちを率き連れて エルドレはもう潤いを呼び戻した河の右側に高く堂々と聳える円形の宮殿に赴いてゆく
唐草のびっしり絡まった城壁を取り巻く幅の広い濠には巨大な跳ね橋が渡されている
音もあげずに橋が跳ねるのを振り返りながら無数の矢狭間の並ぶ二つの円筒に挟まれた拱門に進んでゆくと その奥から明るい光とともに優雅で澄明なソプラノが和し甘美な娘たちの匂いが漂ってくる
城壁と円形の宮殿との間で輪を描いている庭園には色とりどりの花もさることながら 涼し気に幾つもの噴水が高々と舞い上がり 内部から綺麗な光を発する漏刻がそのひとつひとつの側に置かれている
武勇を誇ったり愛を主題にしたり厳そかに神々を讃えたり たとえば木に縛りつけられた金髪娘とそれを襲うタイガー その娘のはだけた胸を蔭から覗き見るハンターなどといった野外劇あるいは仮面劇を思わせる大小の立像が 花苑や小鳥たちの囀る叢林の中に幾多並んでいることだろう
宮殿の高い入口は成金好みのごてごてとは異なり絢爛でありながら上品な装飾が施されていて 当主の趣味の良さを感じさせる
その図柄は蠍を際立たせた四大の精霊のもので 透き通るがごとくのレリーフである
この宮殿の一階中央には縦に二つの矩形の大広間が続き廊下のように並び 壁全体をカンヴァスにした絵には古今東西の動植物および建物 山脈 運河 湖が鏤められ その手前の部屋はありとある絢爛豪華な快楽が象徴され 奥の部屋には崇高な神々の国が美事に描かれている
高い天井に貼りつけられた星座は明るいシャンデリアに隈なく映し出され 幻想的な物語が繰り展げられている
黒檀の円テーブルや大理石の龕やマントルピースには細やかな彫刻が絵巻物のように飾られ 金銀の食器には酒や数百種類の料理が盛られている
二つの広間に挟まれた鍵型の渡り廊下の中央に極めて深い井戸が掘られていて そこからは芳醇な匂いを湛えた黄金の美酒が湧き出ている
これらの中央を貫く通路の外側にたくさんの数の個室が割り当てられ そのどの部屋からも必ず二階へ通じることのできる螺旋階段がさらに外側に太い帯のようにして備えつけられている
屋上の庭園の真ん中に尖塔のような天文台が設けられ その天文器械には蚤たちの製造した精巧なレンズが使用されている

1 2 3 4