魔の満月 ii – 1(世界創造説コズモガニーの窈窕な……)

1 2 3 4 5 6 7 8

ii – 1

世界創造説コズモガニーの窈窕ようちょうな原理によれば 端初には大地と暗黒と愛とが鍋底を形成する
無花果の成熟する二つの季節のように投擲された夜は戻らない
夜の卵から生まれし者
汝の矢筈と炬火を用い生命と歓喜のバラッドを織り出そう
息子らを喰う巨大なる神クロノスの掌で 肉の筒は葬られるべき運命に従い記憶のレトルトに転身する
おびただしい眩暈
光暉あふれる朝が生贄を健康な緑の海洋に曳航する
朱塗りの船団が穏やかな入江に碇泊している
眩い白砂が黄色の頭花を散状に開いたハマニガナの叢を優しく抱く
幾星霜もの波に洗われすっかり丸味を帯びた流木や壊れて薄く塩を吹いた貝殻や所帯道具や玩具が散乱している
いかなるみぎりが青史を彩っているのだろう
ルーン文字を眺め 年老いた遺跡監視人は幸福な民族の住める北の王国ヒュペルボレナスの伝説を反芻しているのだろうか
ピトスと称ばれる大甕に海洋文明は九十の諸都市を封じる
出納帳に記されたヒエログリフや線文字に強い陽射が照りつける
広袤こうぼうとした天空を仰ぐがいい
自然の美しさよりも峻厳な時の器
神々の摂理がうら若い乙女を破滅させるさまを
処女懐胎とは女学生の自己分析に因む
眼球の中で焔が躍り 幼児の頭脳は殺人事件を再現する
衍文を粉飾し アンスリウムの肉穂花序のように仏縁を願おうか
母なる漆黒の象が長い鼻から夜を吐く
両性具有の守護神はひとときの慰安を口遊む
ボウの魔術の中枢をなす催眠の大通りに聳える拝殿
そこには微かな光を帯びると伝説の神託の紫色の文字を浮かび上がらせる魔鏡が匿されている

1 2 3 4 5 6 7 8