魔の満月 ii – 3(天幕を裁断する玲瓏な光が……)

1 2 3 4 5 6 7 8

ii – 3

天幕を裁断する玲瓏な光がエルドレの微睡まどろみを破る
俄に空は掻き曇り 凄じい稲妻が縦横無尽に走り廻る
暗黒の帳を裂き艫を掠めた青白い稲光の只中に 一糸纏わぬ 逞しい肢体も露わなアルゴナウテースの栽尾の姿が照らし出される
眩い閃電が甲板で緩やかに偏光し 口淫する綺麗な咽喉の曲線を映す
ごうという音響とともに迸る二叉に岐れた黄金の火箭が舳先に注ぎ 深い接吻のぶ厚い唇から滴る唾液を燦かす
その向う 闇に擁かれた行手を見ると 光の波に洗われた蒼白な島影がくっきり姿を現す
轟きわたる雷電は激しい嵐を湧出する
白帆は千々に引き裂かれ 荒々しい高波が船を叩き伏す
容赦なく降りしきる豪雨が甲板に溢れる
帆檣がみしみし不吉な叫びをあげると 天辺で水夫がもんどりうつ
自然の悪意に翻弄されて船から振り落とされる
大沈没寸前のガレー船よ
乗組員のほとんどが荒海に潔く身を任せようと我勝ちに宙に躍る
数十人の男の投身の姿勢よ
このまま海に呑まれてなるものかと エルドレは巻上機の赤錆びた歯車止めを外す
からから心棒が音をたてて回転し 深い海底に君臨するポセイドーンの胸めがけて錨が落下してゆく
おびただしい光の乱舞の紡ぎ出すありとある風景はいかなる誤植に匹敵するのだろう
運命の糸は世界を転変させる
強健な肉体を宿しながら 哀れにも海の藻屑に成り果てんと中宇に躍る武士もののふたちは 様々の投身の姿勢のまま 蝋燭の炎のごとくぷっつりと掻き消える
亡霊は光の彼方に帰還する
我が主人公“物質の幻惑”は誰に夢みられているのだろう
エルドレを迎え入れる帰還の途とは
時を一にして 天を蔽い闇黒の海洋を専制支配していた雷雲はみるみる退き 一瞬のうちに水平線の彼方に没する

1 2 3 4 5 6 7 8