復活してから

1 2

匿しもった粘液を
がらすの血液を舐める
突くかまえの刃物は
一本の、血のかさなる光

不思議な笑いを向こうに
さもなければ肘をむすび
起伏だけ、とろけるだけ
すりぬけていく 裸の男たちの

形はいい
声もいい、強さもいい
反応だよ ただ眠ること
その稜線を、チキュの核心へ
しっとりと、ぴろうどの
翳りをおびた砂浜、海鳴りが

ウチュを殴打する
その頭蓋のまわりには
砂漠の曲線がつながらない

つながらない中を音楽が疾る
シンピが現れたって
それだけの

1 2