魔の満月 詩篇「河図洛書」(低く垂れた倉庫のゆくりなくも……)

1 2 3 4

河図洛書(行分け版)

低く垂れた倉庫のゆくりなくも満潮の迸り
月下の海面すれすれに増殖してゆく二重三重の扉
まるで真夜中の河沿いに閻浮提の空言が閉じられてゆく
ひとがた狼の凍りつく矛の暗示
おお狡滑なる幻惑の逆しま
だが前兆だとか予告だとかの幸福な烙印は落されていない
七宝陶器に封入されている書物のメモリアル
蔦紋様の暗箱に映る宇宙の空腹
それらの蓋付きの円筒に書物を潜むラペルが貼られている
視神経の傷ついた細胞のひとつひとつにもまた
だがそのような博物学的な書棚の道筋にかつてないほどの索引が彩色豊かに蔵されてゆく
洋服箪笥を入口にした玩具の王国
天上圏に棲む魔の使徒ども
おお穴と穴
おおそれほどの衍文
翻ってみれば家畜小舎を湿らせる脂
五芒星呪の小道具をそもそもの発祥にしながらゆけども弾条の微かな波形
密偵の暗躍する古着屋の通りを抜けて一軒の書肆を訪れる
枯葉を伴う渦巻がけばけばしいポスターを破棄すると木目が神秘主義的な模様になって現れる
少女が図書目録を閲覧する
ウインクしながら聖典アペスタの所在を確める
莞爾として応答する異様に背丈のある若主人のかたわらでこれも背の高い美貌の細君が鏡を覗いている
石化した鏡の世界
しなやかに燃える火災現場の夜よ
墓場のせせらぎとは運河の名残である
青白い数百もの燭光を照明にして廃墟の伽藍がぼっと浮ぶ
闇に吸われゆく鍵の銀流しと地下室への階段
ドッペルゲンガーの徨う粗末な街路が拡がる
その際で眩耀に充ちながら硬質の滑らかな表面に猟奇・錬金の淡い釉薬をたぶらかせて淫奔なる陶土の羅列が朽廃している

1 2 3 4