影の山脈 (実験詩集「浣腸遊び」, 1974)

1 2 3 4

薄闇の彼方にいつまでも消え
山腹をおろす吹き花さえ
染めあげ…… 葉擦れの放心
醒めた昼光  故郷の死刑図

掏り花の宇宙覗見
尾根を伝う野鳩の赤い眼の縁を
切り開いて 映せ 影の山脈
流星群に聳えて
火口から迸る 湯煙り
葉は葉擦れ 気圏を割る隕石

染める
割れ陽
割れ花 割れ月
割れ鳥 割れ声の
割れ星 割れ河 割れ空の
割れ割れの、割れ山脈に
厖大に裂けよ影の秘法

五、影の山脈
死吠え
唄に揺れる夜の
痕跡宇宙を航路して
火の舌どりで翔け回る
ああ そこは灼熱の崖 百億の首
断続的に暮れかけの 百億の視線よ

耳朶流し
放流の魚ひかり
枝間に吊れる 蒼い霧
未明の朝の受胎を織りなし
陶器 瓦礫 兇器 瓦礫 さみだれ
覗けば 老人の歯のちらばる 山脈よ

1 2 3 4