おりおりのかけら

■おりおりのかけら投稿履歴

履歴

1 / 4012345最後 »


2017/03/07 16:18:

【かけら】
ようやくサディ(斎藤雄久)の噂が届き始めた。
すでに他界しているというもの。まだ糸口で詳細は不明だが、何とか手繰り寄せたい。
最期は誰が知っているのか。



2017/03/04 13:48:

【かけら】
尋ね人: サディ(斎藤雄久。大阪出身)。70年前後から、新宿のアングラシーンで活躍。
暗黒舞踏とも関わりが深く、六本木に白桃房のバーなどを開いていたことも。



2017/03/04 13:47:

【かけら】
尋ね人: サディ(斎藤雄久)。70年代の代表的なヒッピー・アーティスト。奈良市に在住、年初から連絡不能。親族もなく、病気を抱えていた。消息を知りたい。



2017/03/03 12:30:

【かけら】
「ギャラリー北彩」の情報が少し入った。
〒090-0041 北見市北1条西2 (旧表呉服店2F) ギャラリー北彩(オーナー・金石稔)
オープン 4月1日
オープニング展 紙田彰「dance obscura――思考のかたち」(1月間)
初日は女満別空港から北見を訪れます。(前日から)
真冬の北国にからだがついていくのだろうか?



2017/03/01 12:17:

【かけら】
CT撮影は病巣のサイズはそれほど大きくならず、とりあえず処置は不要との判定。あとは透析をひきのばす努力をするだけだ。私のほうはひと段落。



2017/02/25 18:24:

【かけら】
さきほど、北見市の詩人・金石稔氏から、新ギャラリ「北彩」への搬入の確認電話があった。
100号6枚をはじめ、油、アクリル、水彩など55作品。
吹雪の中を東京からのトラック便が到着したのだ。
私の気に入ったものばかりなので、楽しんでもらえるといいのだが。



2017/02/20 14:50:

【かけら】
今日は某医大のCTで、病巣の検査をしている。
サイズが増大していなければ、気にすることもないさ。
私の方は気楽なものだが。



2017/02/18 14:09:

【かけら】
油彩100号の「自由とは何か」を北見市の画廊「北彩」に預けることになった。
ここが、私の拠点画廊になるような。
金石稔氏にはとても感謝している。



2017/02/18 0:49:

【かけら】
4月開廊の北見市・北彩の展示会に、金石稔さんから第一に求められたのは、油彩画「自由とは何か , 2004.8, oil, canvas, F100(1303×1620mm)」だ。
長期に預ける55点の作品は入れ替え展示となるだろう。



2017/02/16 16:14:

【かけら】
北見市の新画廊(北彩・金石稔オーナー)に100号5点をはじめ55点の絵画を送った。
4月からしばらく何度かの展示をするそうなので、乞うご期待!!
詳細は順次お知らせする。



2017/02/14 17:22:

【かけら】
北見市の詩人・金石稔氏の4月開廊「北彩」に大小55作品提供。搬送手続き済み。



2017/02/03 10:12:

【かけら】
年末から病がつづいて、両手も動かすことができず、難儀していた。
ようやくキーボードが少し使えるようになり、先の見通しもでき、かなり回復してきた。
日曜には江戸川区のレンタルボックスから絵を70点くらい手元に持ってきて、北海道の新設の画廊に送る作業にとりかかる。
オーナーの詩人・金石稔氏から懇願されて久々の展示を行う手はずになっているのだ。
また元気にならなくては。



2016/12/31 23:44:

謹賀新年



2016/12/29 23:01:

【かけら】
クレアチニンの数値が上がっているので、この年末年始は酒食の制限があり、呑屋に行くこともできない。
友人諸氏にはご寛恕を。



2016/12/26 12:27:

【かけら】
睡眠障害などの心理的な病に陥ると、過去を追憶することが怖くなるようだ。最近気づいたことなのだが、未来への不安も昂じるが、昔のことは懐かしさよりも恐怖だ。とくに人間関係においては取り戻すことなど不可能だ。彼らはいないからだ。自分もいなかったりして。

1 / 4012345最後 »