見夢録: 2013年10月13日 詩が書けるような

このところ、仕事の手が少し空いたので、作品制作に没頭している。
ブログの構築なども作業の円滑を図るためのものである(こちらに傾いてしまうときも)。
また、制作の裏側で、これまで書き溜めてきた文書を断片の類まで集めて抽出し、「詩語・句素材辞典」のようなものを作っている。この辞典は、テキストの解体と語句の解体によって、意味と価値を剥ぎ取る作業でもある。
私は1980年代の後半から詩と離れていたが、最近になって急に詩が書けるようになった。そのへんのことは、以前の日録に記した。
改めて考えてみると、作品制作の環境、つまり原稿、文房具、机、書棚、書斎、さらに日常と非日常、国境、空間と時間などとのかかわり全体において、制作システムが激変したことが大いに関係しているようだ。ネットワーク接続、さまざまの端末の形態、ソフトウェア、さらに移動環境のことである。
先の辞典は、PCと関係してから30年の間に蓄積した私的テキストデータを基にしている。もちろん、私自身で書き記し、タイピングしたものである。だから、たんなる引用とは異なっている。
そのあたりのことは、おいおい述べるつもりだが、なによりも自分の脳みそから生まれたことばの素材を大量に仕込み、これらを再構成、解体、再構成といくども繰り返すことで、まったく別個の新しい作品が生ずるというわけだ。
この辞典制作があるまとまりとなれば、そこで作品を生み出すことができる。そうしないと、作品は死ぬまでできないだろうし。まとまりを細かくすれば、日常的に作品は生まれる。と、そういうことだ。
このような次第でブログは使われ、公開されるので、たつきに追われぬかぎり休止することはないだろう、と思いたい!?

メモ:
思考の内にすべてが包まれ、その外に事物はない
思考と情報粒子、その量子的なイメージ
ブラックホールの事象地平、その重力斜面に貼りつく情報粒子
量子スピンによる情報とそれらの構造とつながりの発見、つまり思考の再構成
などのこともそのうち、書こうかなと。

diffused reflection

1 2 3

その硬い刃先が 直線的にすべる
音の波動が カットグラスをきり裂き
削ってとぎすまし とがった反射光を
切り子硝子の 多面体の
するどい稜線の

魂なんて 魂の横顔なんて
うつらない うかばない

うみのことと犯罪とはべつべつに
うみのことは物理的現実のものもの
手の届かない だれにも 胸に
胸につきささる あの日 あの波

あの犯罪は 犯罪者がすべてを負うべきもの
手を出したものすべてが はじめから
あのことをかくしてはじめた 昔から

赤ワインは 流れて
流れてとける 稀釈され 拡散
低い拡散 もどらないエントロピーへ

コヒーレントな波 吃水線/湖面/つなみ
夕空を見上げると しましまの
あかね雲をつきぬけ
純粋白鳥のV字隊列 鉤型の速度
鋭角のくちばしが つらぬく
あおくあおく 光る月へ

土地を追われた者たちは けがされた
汚された場所に戻ることはできない
こころも未来も汚されて
さらに深くけがされて いくのだから

1 2 3

それでも一歩、ちかづく――E-mailをもとにした構成詩

1 2 3 4 5 6 7

それでも一歩、ちかづく
  ――E-mailをもとにした構成詩

風がとまったとき 見えなくて
風は風の中を 見失って
かわるがわるか悪がワルかとか

空はスケルトン 空腹な な
無は無であることを 含める ことことも
状態でも さかしらでもなくなく
空はからっぽ 空という枠組み
とりととめもなく 饒舌と情熱!
齢は加速する、か……

あなぐらから脱け出るあなくろな
いくばくかはあなろぐなの相転移

○炎る夏かさねて夜もあかさたな

味見してして 一個
根野菜がぎっしりり! 一個口
一方的にまきちらされた放射能だ 定量的にとかとか
年齢的には気にしても も とか
勝手なことを 押しつけられれ
いつまでも つづくつづく夜だ 夜だが
奥方の庭の色とりどりの トマトの鮮やかかさ
キタミの朝のはじじまりは
カネイシさんの荒っぽいドライブ 思いがけなく
エゾシカがいく どどと 飛び込んで

――*の女房は*にゾッコンとシオタさんに聞いてどれくらいにゾッコンか、多分見に行ったのでしょう。そしたら、ほんとにゾッコン、夫に惚れ抜いている。(タイラカさん)
惚気も国家も それれらに翻弄される
人びとも 哀れなるるか

「『馬引事典』を作るのが夢と語ってくれた」
あややしげな女性の名で
「繰り返し『呼吸』して
 最後かもしれないから」
気まずい別れだが 放ってもおけなな
むずかしいところ それも とも
べつべつの問い合わせか みょうみょうねこなら
「もう、どこにもいない
 かけがいのない貴重さとまぶしさ」

1 2 3 4 5 6 7

表層のかわ

うしは つくしくはないか
うしのかわ たいこのかわ
ながされる ぶたのかおで
ぞうのかわをはぐ しかの
のこされたかわでも いい
かわだいこは わすれられ

好日ではないかわ の身分ではない
酔いのさかりに 猫が通って
さかりのついた性 でもあるまい
立つか立たぬは ねこのかわかお

紅茶と薔薇のかおりだけ
死臭がつきまとい
munt theeだって みな
においの素は 死臭で
あるか かもしれない

人間は 全生物は
屍体をむさぼりて
遺骨と化石に囲まれてて
くらしている のだから

生命は 自分自身をくらうし
あさましいな 生存形式
外延的でなく 内部にふかく
ふかく 縮小している
それだから 全体につながるか
の滅亡が 約束されて

これをもって秘蹟とされるか の

見夢録: 2013年10月07日 Blog書斎について

私のWEBサイトはNTTのレンタルサーバーに存在している。
サイトのほかに、WordPressというブログシステムが付帯しているのだが、自己開発のプログラムでは管理が面倒なので、このブログに順次移行しようと考えている。タブレットを使い出したことも影響しているのだが。
要するに、自宅PCや旅行先のタブレットを、自由に使えるノートのような感じで、NTTのサーバーや、Googleのクラウドサーバーや Evernoteのサーバーなどを利用して、どこからでも、自由な形態で、ひとつの作品に複数の端末を集中させたり、それらを公開できるのだ。
これを、仮想的なノート、書斎といっている。パソコンの前で長時間入力するのはとてもハードだが、寝ながらタブレット端末で入力したり、旅先でウイス キー片手に推敲したり、カフェで素材メモを取ったり、作品を公開したり、自由自在。
ネットワークの中に囚われているように見えても、じつは自分の頭の中に原稿用紙とペンがある。囚われない肉体と自由な頭脳。
この数日、作品をこのような感じで書いているが、素材のアレンジも簡単で、古い書き溜めの素材を解体したりして、まるでコンセプトの異なる原稿を書き上げてもみた。どんなものかなあ、と。
しかし、けっこう、加工する作業は捗るし、造形的な面白さもある。なにか、ためていたものが、あふれてくるような気もしている。
また、最近、金石稔さんとのメールのやりとりで、あまり構えずに文章を書くことで、肩の凝りがほぐれたのかもしれない。
年齢的にも怖いものなし、警戒などしないでやりたいことはやる、という気持ちになっているせいなのかも。

旅行していても、入院しても、タブレット端末で自宅PCと連動して原稿が出来上がる。さまざまのクラウドシステムを利用することで、空間的、時間的な、多角的な推敲もできるし、さっと公開もできる。複数の原稿を同時多発的に手をつけることも可能だ。頭をころころ切り替えながらも、筆はかろやかだ。創作意欲というものが、こんなにあふれてくるときがあるのだ。
以前、絵を描き始めたとき、夢遊病者のように四六時中描きっぱなしだった、あの熱情、あるいは執拗さが再現しているのかもしれない。
ちょっと興奮しているのかもしれないけれど。

そんな具合で、おかしくならなければいいのだが、と。

重奏低音

1 2 3

だれもやったことがないのに
なぜ道づれがいるのか だれの

こおりつく場(field)から
烟霧がかさ かさなり
暗い河のとど こおり

岩盤の亀裂が おもい通路に
ひかり文字の 盈ちてて
燐光ともども さらにそこへと

夜に削られる建物 いならぶ廃墟
なにも生まれず 太古からずっと
ずっと太古から 湿った風
そのゆくえに

重力にとらわれ
時間のよどみとよみ
ろかされず その
濃度のままの 流れよどみ

背中にはりついて 溺死体を
ふくらみを 書きのこさねば
仰向けに 筆記具をにぎり

無数の方向から べつべつの
ほそい角度 なので
いくつかのねむり
かさなりあい ながらなゆなや
沁み込んでゆなな

世界の多極的本質の しんしょくとと 
ゅこゅここゃかゆのゆきゅかゆかやかゆきゅかゆかゅかょこよそやそよそやそやそやさやなよかょそょそゅこゅそゅこよさょさよさゆさゆさゅさやさゃなゅこゆさやさよさゆさゃさゅさよさょさよさゆさゅさゆさょさゃさょさよさよさよさゅそやさょしそゆそやしそそやさやさゆそすやすやさせさすゆせやさささかさやさやなよ

闇の中で 誕生するイメージの
ひかりに頼ることのない
明確さをもって もっと
うら切り取られ 闇は
化学反応では とらえられないのかの

1 2 3