連載【第050回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: continuation of dreams 4

 continuation of dreams 4
 基底意識は表層に対して基底層を構成していると考えるとすると、深層意識とか深層というものはただ暗部につきまとう幻想性なのかもしれない。つまり、暗部という重積される解釈学があって、これらが意識の核だという古典的な心理学を構築しているのではないか。この心理学においては情動とか欲動は生理的場面での選択を実行するのかもしれないが、もし意識がその選択決定をする根拠、エネルギーを持つならば、このエネルギーは物理的エネルギーとは異なる衒学的エネルギーということになる。
 また、この生理的エネルギーが物質的な過程を持たない幻想的な代謝物であるとすると、エネルギーの発現とか発火などという物理現象を実現できようがない。

 原意識、基底意識という肉体意識、身体、人格、精神という統合体意識の二重構造は統合された多元的な回路を持つ情報システムということなのだろうか。それとも、異種異質の細胞間通信の二重存在なのだろうか。まるで別の体系が、波形の位相が交互に現れるように互いを打ち消し合いながら、幽霊通信のように実体の在り処をおし隠している。
 それは単にどちらともつかぬシステムの機能であり、それぞれの組織の属性である。そして意識は自立的に見えるが、細胞間通信の実体のない代謝物である。
 意識における肉体意識と身体意識の二重性は、〈からだ〉における肉体と身体構造の二重性にも通じている。肉体は個々の細胞の独自性から積み重ねられていくが、身体は枠組みとして、統制的な論理構造として外圧的なものだ。いわば、アジア・アフリカ的混沌と、欧米的国家・権力的合理性との差異とでもいえようか。
 表層意識が構造を持つとすれば、基底構造に対して仮想・表層意識という意識の抽象性が統合体意識を構築するプロセスにある。これが、意識が肉体と区別され、非物質的な仮想性を生み出すのだ。基底意識自体が複雑化して身体意識、人格、精神など抽象化の幻想過程という観念体系を妄想するのである。
 この原因には、思考という物質過程の欠落がある。思考と意識が混同されるのだ。思考が生物過程とは別個の物質過程にあり、量子的なレベルによる波動関数の収束プロセスにその発生原因があることと、細胞レベルの信号反応プロセスに代謝物としての意識の発火があることが混同されているのだ。
 思考とは、意識の細胞反応自体の選択判定の根拠を、量子レベルのサイズにまで降りて、それらを集合化して積み上げていく処理過程である。(夢のつづき)

連載【第049回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: continuation of dreams 3

 continuation of dreams 3
 はたして意識は、その生成の原因とは別に、生命体にしか存在しないのだろうか。あるいは、意識を生命体と区別することは可能なのか? つまり、生命体が消滅すると意識は存在しえないのか、あるいはそもそも生命体の外部に存在することが可能な物質なのか?
 有機生命体樹のどの分岐レベルの個体かは問うまでもなく、個体自体の遺伝、代謝などの変換機能によって、自己保存、複製、増殖する個体(細胞)とその組織、さらにその死滅まで、つまり個体発生から死(消失する)までのプロセスをもつ、生命樹の全物質の外部に、個体としての意識は存続できるのだろうか。
 しかし、意識自体が抽象的な概念で、肉体そのものの器官ではなく、かといって物質的器官であるわけでもない。明確に身体の外部にあるものでもなく、それゆえ身体内部にあり、それと関連する機能、属性、代謝物であるとすることは可能なのではないか。

 それには、まず神経細胞の抽象的な信号反応を原意識とみるのである。
 基底意識自体は単一細胞で発生する比較的単純な原意識によるコアと考えてもいい。そしてそれは原意識の駆動的な初期信号反応による肉体的反応から始まる単純な複合体意識として構築されるのだろう。肉体そのものの直接的な駆動意識は、単純な抽象性ではあるが、反応の感受性には神経細胞に直接接続していることによる生命強度をもつ、ある力が想定できる。発火活動の直接性というインパクトである。
 肉体に付随する基底意識に対して、抽象化されることで身体機能として重なりつづける仮想・表層意識は、統合体意識として身体、人格、精神の深部を形成するのかもしれない。
 この統合体は(なま)の原始的な肉体とは別に、成長する身体過程の記録とその集積というプロセス・ライブラリのような抽象的上位構造を形成する。これは概念構造であるが、身体システムの一部であるから身体の消失とともに死滅する。それこそ死の果実であり、失われるべき過去の一切の記録である。
 生命体が一個の生命樹として成立する根拠が、この生物的操作としての細胞記録である。つまり、細胞記録こそが一本の生命樹の存在理由であり、目的だといえよう。(つづく)

連載【第048回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: continuation of dreams 2

 continuation of dreams 2
 無間の底なしの暗闇からその濃淡の樹脈は重なり続けているとはいえ、それと比較するかのように、意識の表層などという明晰かつ捏造された精神の歴史など、本当にあるのだろうか。仮に、生命体がこの宇宙でただひとつの巨大な生命樹であるならば、そこから派生するあらゆる枝脈は分断と有限の袋小路に突き当たり、すべてはすでに枯渇しているはずだ。生命樹の脈管はそれぞれの意識のかたまりとともにあり、生命それぞれの進むべき現象は細胞意識の重なりとともにあるからだ。細胞意識が生命の枠組みの内部にあるならば、生命自体も意識の限界に阻まれている。
 無数の生命体が無尽蔵の生命組織の複合体であるとしても何も変わりはしない。ものみな、意識の生存限界に阻まれるのだから。

 ところで、意識は身体構造から自立できるのか、あるいは自立にいたらずとも自立的抽象性と見ることは可能なのだろうか。
 意識が原意識とでもいうべき基底構造を持つならば、それは単一意識というべきだろう。あるいは原意識を〈発振〉する枠組みのようなもの。中身がなくとも、意識の形が形成されているのだ。しかしそれは突然発現するわけではない。原意識という空間で蓄積、混合された物質的な確率の集合体として関係を結ぶのではないか。つまり、一個の細胞内に点在する原意識という、電子と電磁気で構成される仮想の発振器官における確率収束を信号として生成し、複合体意識、肉体意識の形で「発信」するのである。
 これらは統合化され、仮想意識、表層意識として、まるで意識そのものが自立器官のように組織化されていく。しかしそれは、あくまで生命体の仮想器官であるので、生命単独の範囲でしか存在しえない。個体生命の消滅と同時に消失するのだ。そのようにして、意識自らの空間でのみ、生きかつ死滅する。(つづく)

連載【第047回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: continuation of dreams 1

 continuation of dreams 1
 もうひとつの夢から逃れようというのか、だれのしわざか、肩先から吐息がふっとこぼれ落ちてくる。直観が破片のように舞い降りて、あるいは霜柱のように湧いてくる。
 それからしばらくすると、細胞間通信ということばが浮かぶ。生命システムが私を唆しているのだろうか。少なくとも生命システムが支配する範囲では、神経線維(ニューロン)がその回路を通じて、生命機能としての意識を生成、組織化しているに違いない。私はそのときまで、意識は機能の抽象化ではなく、生命体の断片のつらなりであると考えていた。しかも、それは物理断片ではないものを。
 たしかにニューロンはどこまでいっても細胞組織だから、それは連続する細胞間通信の生命体組織だ。個別の細胞間通信自体は単一情報の断片だが、ニューロンは〈流れ〉を構築する流体構造物なのだ。

 意識がその断片、あるいはそれらの流体構造そのものであるとはいいえないが、意識が身体に依存していないとも断定できない。身体という概念が生物構造体を示すならば、神経システムがその支持構造のひとつであり、神経細胞が基底の単位組織であり、意識の流れ(連続性、非連続性)がそれらと密接に関係していることは疑いようがない。しかしそれでも、意識の生成自体がこのシステムに起因しているのかどうかは疑わしい。
 そして意識の基底単位についても、それがシステムの下位構造であるのかどうかをさらに問うべきではないのか。少なくとも何か属性的な機能、あるいは神経細胞の活動の結果という抽象的な代謝物ではないのか。それは細胞サイズの器官における事象ではあるが、ナノレベル以下の物質過程に関係しているのかもしれない。細胞間通信機能の中で醸成される抽象的反応のかたまりは、たしかに細胞活動の付属成分だが、この属性の代謝を主導的に牽引するのは、物質の物理現象が普遍的に発生し、絡み合い、確率的な世界が濃密に現れるからではないのか。
 つまり細胞内部で、ナノレベル以下の電子が持つ物理的な量子効果、波動の性質が生まれる〈場〉のことをいっているのだ。そこでは波動関数の収束による物質的な決定要素がさらに集積され、細胞レベルで捕捉可能な信号群として統合され、抽象化された生物反応を形成するのである。この量子の確率収束それぞれを〈物質の思考〉と定義し、これらの物理的な事象を集合させた生物的な反応過程を〈意識〉と定義することで、細胞内の基底意識を身体と分離し、改めて思考と意識を区別できるのではないかと。(つづく)

連載【第046回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: far away 2

 far away 2
――問題は意識であるのかもしれない。
 私は、肉体と身体に対して、意識が自立的な存在かどうかに疑問を抱いている。なぜなら、意識も肉体がなければ存在できないからだ。意識も脳神経機構がなければ現れることは不可能だ。だとすれば、結局は肉体と身体に属しているものなのではないか。身体機構が滅びれば、消滅してしまうもの。少なくとも細胞がなければ存在しない。意識は永遠ではないのだ。少なくとも生命体とともに滅びる生物学的物質らしきもの。
 しかし、だからといって、無機物に意識のようなもの、つまり判断したり、あるいは意思があるのかないのかなどと、決めつけられるものではない。ここにきて、私は何を示唆したいのか。

 意識は存在の本源には関与していない。私は、意識は生命体の機能であって、この意識を作り上げる生命とは無関係な核のようなもののことを考えているのだ。脳細胞は、生命体は、そのような物質を利用して意識を発生させているのではないか、と。
 私はさらに考えを進める。生命体は意思を持ってはいない。意思は生命とは別のもので、個々の存在は生命とは別の次元のものに根拠を持っているのではないかと。そこではじめて、私たちは物理的自然、物理的宇宙と結びつくことができるのではないだろうか。

 ところで、意識は身体機構に隷属させられているものかどうか。それとも肉体に密接なものなのか。あるいは私の考えているものは無意識ということなのか。これは精神と言い換えても同じなのだろう。
 問題は、それらが解放されるべきものなのか、独自の存在なのかということにある。
 自立した肉体。自立した意識。強制によらずに自決できる存在として。(遠いところ)

連載【第045回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: far away

 far away 1
 たしかに生命は自己複製、自己増殖が可能な有機的生物を対象にしたもののように見える。そして、有機的な生物は脳神経系統を基軸に、化学反応による電磁気の信号によって情報交換がなされている。また、細胞間、遺伝子間で未知の通信がなされているかもしれない。それらの情報は、生理、感情、感覚、知覚などに分類され、脳内レベルで意識として統合されているのだろうか。さらに、その過程で切り捨てられる、意識になる前の意識の素材と断片、脳内の使用前の意識領域、リセットされていない意識領域――。
 私はコンピューターの物理的なイメージに近づきすぎているのか。

 私が問題にしているのは、意識が身体構造に支配されたものなのか、細胞それぞれに起因するものなのか、それとも意識は意識として自立しうるのか、ということである。つまり、生命とはどこまでの範囲を指すのかという問題。生命は時間と空間に関与しているのか、宇宙と直接的にも間接的にも関係があるのかという物理問題。
 さらに、次のような疑問にも突き当たる。

――意識は生命体にしか存在しないのか。
 情報システムとして考えると、自立的ではないにせよ、コンピューターのような無機的な物体も存在している。もちろん、生理、感情、感覚、知覚、意識などは備わっていないから、これをもって生命系と比肩するわけにはいかない。
 しかし、ほんとうにそうだろうか。有機的生物の生理、感情、感覚、知覚、意識などは機械に替えがたいから、これをもって自立型生命を証明できるといえるのかどうか。なぜなら、生理、感情、感覚、知覚は化学反応であるから、電気的信号で処理できると考えることはさほど困難ではないからだ。(つづく)

連載【第044回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: struggles 3

 struggles 3
 しかし、細胞の内部にあるDNAは私に何も語りかけてはこない。彼ら自身は独立した個体ではないからだ。彼らは個々の生命ではないからだ。彼ら自身は意識を持たされてはいない。また、彼らは無意識でもない。つまり、彼らは蛋白質に発現される前の塩基にすぎない。それだから、私は推測するしかない。彼らは彼らではない。彼らはもの(・・)なのだ!
 DNAは存在の記憶庫である。生命系の存在を永遠たらしめるという妄想によって作られた記憶庫とでもいえよう。当然ながら、コンピューターのCPU(中央演算装置)と圧縮プログラムと記録媒体との関係をイメージするのが適当だろう。CPU本体は一瞬の判断をするが、記憶と記憶の集積はできない。個別の判断を一思考とすると、この思考は持続できない。持続するエネルギーがないと動作もしないし、機構の機能もおぼつかない。したがって、瞬間を超えた個体としての維持も不可能なのだ。それゆえ、生命体の持続と永遠を妄想して、記憶と記憶の集積のために細胞内にDNAを創出し、そのための生命作用、つまり複製による増殖システムを作り出したのかもしれない。そのときすでに、全生命体系としての構築は始められていたのかもしれない。つまり、全生物はたった一匹の強欲な生命体となったのではないか……。

 だが、あらゆる存在は宇宙的規模では一瞬であることに変わりはない。どのように努力してもそれは一瞬のあがきにすぎない。それは一瞬のあがきにすぎない。(あがき)

連載【第043回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: struggles 2

 struggles 2
 しかし、なぜ、彼らはこの惑星を超えることができないのだろう。あるいは超える能力に欠けているのだろうか。それが生物というものの限界構造なのかもしれない。外宇宙に飛び出せば、超高温と超低温のケルビンの熱温度の世界にさらされるだろうし、平坦かつ永遠に存在する時間と空間の、普遍的であることによって何もないというような場所に生物が棲息なぞできるはずがないからだ。DNA生命システムは自らを産生しては自らを食し、蛸の足を食らうように共食いしながら蛸壺に落ち込んでいく生命体だ。自分の内部に落ち込んでエネルギーを費消し、自分を失ってしまう生命系に、いったいどのようなエネルギーをどのように補給できるというのだろうか。ましてや、時間と空間は、物質が移動することによってその存在を表すことのできる測定値なのだから、絶対零度に向けて冷却している宇宙で、あるゆる物質の移動が停止すれば、時間と空間は存在なぞできない。
 それでも、そのDNAシステムの及ぼす範囲は地上のあらゆる生命を蔽っている。いや、次のようにもいえる。彼らに蔽われている地上の生命の相が貧弱なのではないか。大と小(宇宙論と量子論)を離れて、あまりにも中間的で日常的過ぎるからだ。物質のサイズにしても、組み合わせのサイズにしても、現象サイズにしても。まるで、触れることのできない幽鬼のような無間地獄。私は、DNA生命系と膨張する宇宙との関係を推察しているつもりなのだ。生命系という皮膜の層とその上位に広がる宇宙の層について。

 たしかに一方からは、生命ということばに騙されるな、という囁きが聞こえる。また他方からは、肉体から魂がいなくなれば肉体は安らぐ、という声も上がってくる。魂は不浄なのだ、生命ということばの補完物、抑圧を隠蔽する救済言語。生命は連鎖だが、だからといって個々の生命にとってそれでいいわけではない。そこにはとぎれた哀しみがある。個々の生命もまた孤立して存在しているのだから。存在は哀しみ。哀しみが存在の本質なのではないか。囚われて、餌食にされる運命においてをや。(つづく)

連載【第042回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: struggles 1

 struggles 1
 魂というものがあるとはどうしても思えないのだが、その形態ということなら思い描くにやぶさかではない。なぜなら、それは受胎空間のように見えるからだ。

 そのイメージは勾玉、渦、光の渦。そしてナメクジウオのような頭部と長い尻尾、長い長いゲノムの歴史。首から下の肉体は尾部の発達したもの、つまりそれ自身末端のようなものだ。そして、光の渦は無を中心にしたエネルギーの形にも見える。それは、なによりもブラックホールのありようを連想させる。またこの渦の動的な雄々しさはまさしく精子の躍動するさまであり、卵子はこれらを受け入れる静的な器とも思われる。さらに、子宮の蠕動運動はこの卵子の静けさを補完しているようだ。そして、精子というエネルギーが卵子という器の中で充実し、皮膜を押し広げて成長する。いや、受胎空間での神秘的な分裂、増殖、あるいは転写。しかし、それははたして神秘的な事象であるのか。たんに工学的な問題なのではないだろうか。
 これはまた、宇宙という卵殻の中に散在している光の渦が、受胎空間から受胎空間へと移動しているのに対応しているようにも見える。一箇の光の渦が閉じられた宇宙卵であるならば、この移動は宇宙卵を〈横切る〉という飛躍にも見えるからだ。光のあらゆる進行方向を直角に横切る。瞬間的に宇宙を横切るのだ。
 けれども、そのような魂の聖化は肉体を支配する脳と頭蓋骨のものだ。それは観念的な支配システムのようでもあるが、確実に回路の繋がった物理システムなのである。なぜならば、細胞ひとつひとつにその支配構造が完璧に移植されているからだ。化学反応と電気信号とによる神経回路、命令系統、それらの再生産。システマチックな遺伝子交換によって、細胞ひとつひとつに完璧に移植されている。それも、類を超越して、全生物に。(つづく)

連載【第041回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: life genes 3

 life genes 3
 昂揚し、陶酔しきった癌細胞。それにしても、いっさいの生命が装置として存在するとは……。身体という機構の内部にあるものを見よ。たしかに、肉体の細胞はその独自性と身体システム機構とに軋轢がある。細胞の個々の意識も身体システムと対峙している。しかし、ある塊となり部位を形成したとき、身体システムに圧倒的に支配されるに違いないのだ。だが、本当にそれだけか。
 そう、癌細胞だろうが宿主細胞だろうが、細胞レベルのDNAと意識は全DNAシステムに完全に支配されていることから解放されることはないだろう。個々の身体さえも全DNA生命システムのファシズムの渦中にあるのだから。だが、それは本当に永遠のファシズムということなのだろうか。植物と動物を統べる全体性。ここまでの歴史の成功と失敗。食物連鎖に始まり、膨大な殺戮を繰り返して築き上げたシステム。そしてさらに永遠の時間と生命を得ようとする欲望。おそらく、地上さえをも飛び出して宇宙にDNAをばら撒こうという野望。DNAシステムは、はたして宇宙の苛酷さと一瞬でも同化できるのかどうか。私にはとてもありうることとは考えられない。やわ(・・)な蛋白質に。
 物理学的なさまざまの事象。物質の相転移、苛酷なケルビン温度の嵐、時空間の相対化、最大と最小、真空、無と有などのあまりに恒常的な現実。DNAの幻とは異なった真実(・・)の、現実(・・)にどう生き残っていくことができるというのか。まして、増殖して宇宙を席捲するなどとは。ここには、ファシズムを支える根拠としての全能などありはしないのに。
 では、この地上のDNAが生み出した細胞の意識は、あるいは反意識は、最小の物質が存在と宇宙を選択することに関与できるのか。そもそも見えるのか。そもそもそのサイコロが見えるのか。(生命遺伝子)