連載【第040回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: life genes 2

 life genes 2
 癌細胞はさらに続ける。

――自分は負のベクトルとされているが、それはあくまで生体の側からの見方なのではないか。〈がんという生体〉の側からは、生命活動というDNAシステムの構築性を否定し、宿主を無に帰するばかりか、自らをもって死の淵へダイビングする〈反生命活動〉という〈正方向性〉を有している。それならば。

 生命遺伝子が、冷徹で機械的で、あくまで一神的な〈世界の調和と統制〉というバランス機構であるのに対して、癌細胞自体のもつ死生観には、生命装置を媒介にして支配された世界性を超越するという構造があるのかもしれない。死を自己目的とした反世界という。とはいえ、がん化は用意されたものであって、それ自体、反世界的ではない。個体としての生命とは相容れることはないが、生命思想としては以毒制毒の効として、世界の奴隷であることに変わりはない。つまり、老化を抑制し、生命遺伝子の衰弱と劣化を避けるための細胞殺害マシン。DNAシステムの利己的大量殺人計画の下で。

――それならば、いっそ正常細胞を乗っ取り、自分たちが生体に成り代わるべきではないか。自分たちは、いわば生体における強制収容所の役割を与えられ、細胞人民をガス室送りにする影の部分だったのだから。そう、生体を駆逐する影の力。闇のうちに秘匿され、免疫機能のなれのはて、はてはキラー細胞の変質者として、利用するだけ利用されてきた自分たち。自分たちは異物などではない、DNAシステムから必要とされてきた生命細胞そのものであるはずだ。自分たちは、母親を奪取する。父親を奪取する。生命遺伝子を奪取する。そのようにして、死ぬなら死ぬで、自分たちの生ともいえる死がまっとうできるに違いない。死なばもろとも。死なばもろとも。生体ごと地獄の淵に引きずりこんで、この悪魔のシステムを地上から抹殺してしまう。それが自分たちを仕込んだファシズムへの復讐なのだ。(つづく)

連載【第039回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: life genes 1

 life genes 1
神の秘密、Der Alte würfelt nicht(神は賽を振らない)
それとも、彼らは一擲乾坤、乾坤一擲に賭けたのだろうか。
私をこの深い闇に閉じ込める。あてどなくさまようヒッグスの暗闇に。だれが?

 私の肉体が引きずられる、それとも精神が引きずられているのか。
 私は偶然を必然のごとくに歩き続けている。重い、重い、意識。重い、重い、始まりと終わり。
 それにしても、癌細胞自体の生命活動とは何なのだろうか。生命系システムにとってそれは何なのだろうか。彼らは私の中にある異物、それとも愛すべき生命体? 癌遺伝子オンコジンは発がん因子と発がん促進因子のペアを恒常的に用意し、癌細胞の生命活動をコントロールしているふしがある。たしかに、〈がんという疾病〉は生体に異物を対峙させるという生命活動の負のベクトルをもっているように見える。
 われわれは互いに生命を貪食するだけで足りるとするものではない。啖われること、生贄とされること、消化され、余すことなく糞尿となり、宇宙の藻屑となるのだから。しかし、癌細胞自体は純粋に異細胞の〈生命活動〉なのだろうか、宿主細胞は異細胞の側から見る限り、エネルギー源として癌細胞の生体維持に不可欠なのかどうか。しかし。

――自分は癌細胞の世界を構築しようとしているのではない。自分という負のベクトルに対する生体の抑圧からの解放を目指しているにすぎない。これは存在のための闘いだ。しかも、過渡的にはエネルギー源としての宿主細胞の維持は必要だという矛盾を抱えて。自分は自分たちを涵養しなければならない。癌細胞群の活性化を夢見て。しかし、癌細胞が数十万個に達し、疾病として活性化するまでは、宿主細胞との相互維持が必要なのだ。とりあえずは。共存と活性化。相反するもの。この過渡性。生命遺伝子の正‐負のバランスこそ自然年齢というものなのだろうか。それは、がんの疾病化の始まりを示す境界年齢――人間五十年が死の適齢期とでもいうのか。じつのところ、癌細胞こそ共に生死を頒ちあう友人なのかもしれない。免疫システムの混乱と劣化が新たな疾病を産出している時代なのだから。そして、遺伝子工学がそれに拍車をかけているふしはないか。私は感じる。法外に老化しているこの時代こそ呪われているのだと。(つづく)

連載【第038回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: sleepless forest 4

 sleepless forest 4
 サディ現象「サイズの大きくなったマクロ的世界では空間認識、時間認識の巨大な組み合わせを抽象化することで、風変わりな作品行為として実在するのだろうか。しかし、素材それぞれの場所からはその大きさの世界の把握は不可能で、作品といわれるものの存在も無意味であり、実在してはいない。実在は経済だからだ」
 細密画家「たしかに、色は光だから、光の色に境界線はないという見方もあるが、皮膜の変種である棘はそれ自体境界なのかどうか。しかし、本当に境界はないのかもしれない。溶けている状態としてあるために」
 サディ現象「それにしても、たしかに自動的に筆記具が律動していると、おまえのいうように、棘のある異物として生命の輪郭を犯している、あるいは光と色の秘密に近づき、見るという概念を撹拌しているという感覚が昂じてくる。その中で、たったひとりで世界と拮抗しているという芸術的高まりを覚えるのも事実なのだ」
 癌細胞「なるほど。しかし、それはおまえの自己陶酔だ。おまえは物質としての世界と拮抗してなぞいない。物理的な対立構造を持ってはいないんだ。自分は具体的に肉体を攻撃し、テロリストとして自分を抑圧する体系と闘っているのだ」
 癌細胞はたしかに憤慨していた。芸術家のたわごと!
 サディ現象「癌細胞の野望よ。DNAシステムからも見放され、世界のどこにもおまえの居場所はない。しかも、生命はミクロの世界では存在していない。宇宙的規模ではなおさらのことだ。それでもDNAシステムは細胞それぞれに遺伝子をばらまくという非効率的な生命系だ。それはサバイバルと増殖をかけた有機体のもっとも有効な生存戦略なのか。おまえの野望はいったいそのどこにあるのか? 最期は誰が知っているのか」
 細密画家「では、君たちに同じことばを返そう。具体的な肉体、具体的なシステムなど、見方の問題にすぎない。芸術だろうが、哲学だろうが、ミクロの世界だろうが、あるいはどこにもないものへの思いだろうが、世界の始まりと終わりにおいては何も確かではないんだ。そうだ、私のこの偏頗な世界観こそ、具体性なのだ」(不眠の森)

連載【第037回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: sleepless forest 3

 sleepless forest 3
 癌細胞「そもそも自分が質的に異なる生物なのか、あるいは分類学的に別種なのか、それともたんに異物なのか、侵入者なのか、どの立場から評価されて修復の対象になっているのだろうか」
 細密画家「そのとき私は作為的なことを考えずに、指のままに、筆先のなせるままに、オートマチックな行為に埋没し、増殖したり消滅したりする小さなものたちの思いをひっきりなしに追いかけていたような気がする。刺したり刺されたり、侵したり侵されたりするさまはまるで生殖と同じ行為だ」
 癌細胞「まずそのことを指摘しておく。生殖こそファシズムなのだと。画家であるおまえは正常細胞と異常細胞のどちらの出自もその未来も同じものだということを述べているに違いない」
 サディ現象「異常細胞は、植物の造形や、あるサイズを持つ生命のかたまりが、運命づけられた成長計画と切り離され、恣意的な自己成長のかつてなかった組み合わせを創造し、増殖していく」

 細密画家「たしかに癌細胞の遺伝子変異はより高度な技術を持っているのかもしれない。その姿態をグロテスクと見るのは、グロテスクな生命進化の世界で最も美しいものに出会っていることを忘れているからだ」
 癌細胞「それはこれまでの治療の古い歴史に沿うことでもなく、治癒という概念に囚われることでもない。目の前の劇的な新薬に心奪われ、運命とも寿命ともつかぬものに支配されているのだから」
 サディ現象「画家の主張する純粋美術とはイメージの世界のことで、物質的存在ではない。しかし、それはやはり物質的環境、とりわけ経済的価値の問題なのだ。つまり、美術的価値とはどこまでいっても価格評価の問題にすぎない」
 細密画家「しかし、私の用いるイメージの素材はそれぞれの存在の目的・理由とは無関係に、ミクロの世界では肉眼では見ることはできないし、機械的な方法を使っても到達はできない。数学的な手法、物理学的な思考を使う以外には」(つづく)

連載【第036回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: sleepless forest 2

 sleepless forest 2
 取りつかれた細胞の戦闘は、無尽蔵の死体を作っていくのではなく、相手の細胞膜から攻撃物質を侵入させ、核にある標的物質を変化させて、それを基点に相手を解体し、さらに細胞膜の外に漏出させ、血流やリンパ管の中に昇華させるのである。

 別のケースでは、触手を差し込み、内容物質を摂取するという原始的行動の場合もある。また、分泌物質を滲出させて、表面を取り込んだり、突起に化学反応を生じさせたり、電解的な信号により攪乱させたりもする。
 そして、ここでも肉体のゆらめきが叫ぶ。
――おれはすでに宿主に叛乱している。棘そのものである肉体の力で細胞に入り込み、あらゆる野望を奪おうと。
 それは、癌細胞――生体に含まれながら、独自の生命活動、攻撃をするもの。

 眠れぬ者たち――。
 サディ現象「自分が肉体のゆらめきなのか、意識のゆらめきなのか、そのどちらでもいいし、そのどちらでもないともいえる。たしかに細胞は細胞膜という皮膜とその内側の物質であるから肉体の基本単位だといえよう。けれどもその内部にあるものは物質ではなく幻想の内容物であるのかもしれない」
 細密画家「癌細胞の皮膜の棘の変化にも興味があるし、いとも簡単に正常細胞の皮膜が破れて消滅していくのもじつに哀れなものだ」
 癌細胞「自分はすべての細胞と同じ出自と履歴を持っているが、定かでない原因でその幻想の根幹部分、遺伝子配列に損傷を負った形跡がある。しかし、それが損傷なのか、本来的なものであるのかは、たんに機能の評価に過ぎないのかもしれない」
 サディ現象「遺伝子とは増殖機能なのか自己殺戮機能なのか。それをどのように断定することができるのか。また、それは何を基準にし、何を根拠にし、いったいどのような物質機能といえるのか」(つづく)

連載【第035回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: sleepless forest 1

 sleepless forest 1
 その森に迷い込んだときに、ある種の体系に毒された執拗な夢が送られてきた。それは、攻撃といってもいいかもしれない。その夢は、たしかに脳髄と神経システムの根幹を支配するDNA生命体がつくりだしたものである。

 飛膜のある翼を広げた男は、すでに死んでいるという噂はあった。それが数千匹の中の一匹なのか、森に住む数千匹の動物が一匹なのかは定かではない。
 数カ月前には、蝙蝠は死んでいるという予感もしていたが、確証を得る方法がなかったので、あてにならない郵便物や電話などを繰り返し送っていたのだが、やはりさまざまの不通の証拠が示されたに過ぎなかった。
 ダリあるいはサディと呼ばれるそのオオコウモリは、突然夜中にやってきて、どのような事情なのか、死亡日時も明かさずに、画家の名にちなんだ非日常的な音のない声を鳴らしていたのだ。もちろん、ばらまいていたのはそればかりでない。夢を作り出す夢の細胞とか、夢の核心である夢のDNAといったものなどである。死と死にまつわる闘いの秘密にも触れながら。
 そこらをごろごろ動き回る独立したサディの頭部、あらゆる細胞に均一に重なるDNA。際限のない「サディ現象」の繰り返し。生命とは、生命の現実とはそのような執拗さがなければならないとでもいうように。そして夜の暗箱がますます濃密になる。
 そう、そろそろ、触れなければならないところにきたのだ。

 生殖細胞、癌細胞の増殖の驚異的な速度、勢い。私だけではなく、身辺の人間にも狙いをすまして、凄まじい弾丸の嵐を浴びせてくる。樹状突起を激しく活動させて、組織の中を、血管の中を移動して、定着していく細胞たち、変異する遺伝子たちよ。(つづく)

連載【第034回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: spinning sea 2

KL20150519, Akira Kamita, Acrylic, A3

 spinning sea 2
――うわーっ、なんだ、痛いじゃないのぉ。だれか助けて! 嘘ね、医者はうそつき、目が回るくらい痛いのよ。萎んだ体が力なく緩んで、頼りなく覚醒を訴えてつづけているのに。
 しかし、それが手術による損傷のためなのか、病巣につきまとう本来的なものであるのかは、たんに肉体機能の評価の問題なのではないかと。あなたの考えていることなんか、お見通しよ。生命の正‐負に振れ続く機能は、生命遺伝子とでもいう物質に装置されているのだとしたら、この装置がどのような運命に導かれているのかを知ることができるとでも。

 手術後の検査では頭骨の転移は進んでいて、さらにPET(陽電子放射断層撮影)で肺の原発巣が確認され、頭部の癌は縦隔のリンパ節から転移したものという所見が示された。
――だから、その後の頭蓋骨の転移癌に対するガンマナイフ照射は対症療法でしかなかったのよ。
 たしかに癌細胞の棘が正常細胞を露骨に侵していく映像は生々しい。

 けれども、さらに遠隔転移はこの種子を全身の全細胞に植え付けていく。それに対する標準治療の数々、新薬による新治療の数々。その長い長い闘い。
――そのあげく、治療の可否はどうなるというの?
 どのような症状を基準にし、どのような腫瘍マーカーをあてにしても、明確に見えるものなどどこにもない。わずかに確かめられるのは画像診断による病勢の進行。化学治療は治癒と延命との間でどのような物質機能を示すのかしら。

 それからは、画期的といわれる免疫チェック阻害薬をはじめとして、化学療法の世界で踏み迷っている。遺伝子標的薬は硬膜を越えることが難しいから、脳内で効力を発揮できないかもしれない。わたしの体と運命的な寿命と、妄想的な医学の熱情との長距離走。
――遺伝子が、生命が狂いだしている! それでも、私は戦わざるをえないのよ。目の前の新薬に心奪われるとしても。
 それは治療の古い歴史に沿うことでもなく、治癒という概念に囚われることでもない。そもそも、わたしが質的に異なる生物なのかしら。あるいは分類学的に別種なのか、それともたんに異物なのか、侵入者なのか。生物学のどの立場から評価されて、生命修復の対象になっているのだろうか。(棘の海)

連載【第033回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: spinning sea 1

 spinning sea 1
 わたしがその兆候に気づいたのは、東南アジアの古い都市の旅から帰り着いてすぐのことだった。眠りから目覚めると、後頭部に何かしらの違和感を感じたのだ。簡単な打撲だと思ったのだけれど、嫌な気がしたのも確かだった。内部に向かった棘、触るとぐにゃりとしていて。
――わたしが肉体のゆらめきなのか、意識のゆらめきなのか。そのどちらでもいいし、そのどちらでもないのかもしれないわ。
 棘ということばから、わたしはとある大腸ガンの顕微鏡映像を思い描くのだが、頭部の細胞はなおもわたしを深く攻撃する。

 あなたからの国際電話の数日後にクリニックに行き、何軒かの病院を回り、大学病院の脳外科で腫瘍があることが判明した。
――たしかに細胞は、細胞膜という皮膜とその内側の物質で作られた肉体の基本単位なのかもしれない。けれどもその内部は物質ではなく幻想という内容物なのかもしれないのよ。
 わたしのこの女性的な感覚とは異なって、あなたは肉体を単に生命装置の発現だと考えているのね。生命の実現つまり細胞レベルでの分裂・増殖の正のベクトル、そして生命活動の抑制という負のベクトルを持つ調整装置だと。

 半信半疑だったのだけれど、硬膜への浸潤があったので言われるままに開頭手術を受けた結果、悪性のものだとの診断が出た。硬膜から脳内に浸潤が進むととても危険だともいわれて。
――わたしにはわかるの。この悪性腫瘍はすべての細胞と同じ出自と履歴を持っているけれど、定かではない原因でその幻想の根幹部分、遺伝子配列に損傷を負った形跡があるのよ。
 あなたは繰り返す。生命活動とはこの正‐負の機能を同時に支えることに他ならないと。

 頭部の皮膚縫合部はチタンプレートで閉鎖し、浸潤部分は人工硬膜(ゴアテックス)で転移をブロックし、目が覚めると痛みはすでになくなっているといわれていた。(つづく)

連載【第032回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: bourbon cask

 bourbon cask
――わたしは何について考えたらいいのかしら。何かを愛しているという錯覚、それとも憎しみについての物語?  つまり、肉体の猥雑さをいとおしむべきなのか、身体機構のヒエラルキーに反抗すべきなのかしら。それとも、わたしはわたしから見ることのできないからだの外側の世界、からだがいくつも重なっている世界を愛しているのかしら、許せないでいるのかしら。無限に重なりつづける宇宙のからだ、わたしの性器が受け入れられないもの。

 強いアルコールを口にするときの癖で、彼女は断定的な調子でいくつもの結論を並び立てる。そして、私をばかにしたように(なじ)るのである。このときは、乱暴ではあるが pousse du bambou(筍)のアヒージョ(オイル煮)をウイスキー片手に食していた。

――では、意識下の無意識は幻想の身体機構の影の世界ということになるわね。幻想の裏側ということは実体といえるかもしれない。身体機構は統制管理構造だから、それとは異質の「場」であると考えると、それは肉体の最小単位である全細胞からそれぞれ発生する意識のゆらめきということにならないかしら。いえ、無意識のゆらめきと。問題は統制システムのファシズムを明らかにすることにあるのではなく、このゆらめきを愛することにあるのよ。あなたはそれをどう考えているの? 存在の問題は何を愛するかに尽きるのよ。でなければ、ただのひとりよがりというものよ。

 酔いつぶれた彼女には申し訳ないが、私はひとりよがりでけっこうなのだ。出口のない蛸壺に入っているにすぎない。それでもけっこうなのだ。恐ろしいことに、私は宇宙的現実は無いという悟りを手に入れようとしているのかもしれない。あらゆるものは、ただの見方でしかないというのはそのことなのだ。それも、それぞれ(・・・・)という、仮定の(・・・)質点からの。(バーボン樽)

連載【第031回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: fascism without the summit

 fascism without the summit
 つまり、システムレベルではこの内部にある限り自己なのである。所有を知らない単純集団は細胞の組織構成と同一の結合関係を持つといえる。所有は共有であって、私有の概念はない。いや、所有の概念がないともいいうる。集団的。あるいは階層的。または幻想的統合システム。

 生物がたった一個の独立存在だとすると、あらゆる生物はこの統合的一個の全体性の生命活動だとして、だれも見たことのない、だれも見ることのできない、不可能性だということになる。
 絶対的な唯一生命体でしかないならば、世界はミイラのように固定化して、死滅しているだろう。いや、そのような超古代の生命はすでに生命の全機能を失ってしまっているだろう。

 人間的システムが発生論的であるから、発生原因が多元的であっても、結局、一元化され[反宇宙的存在]に過ぎず、増殖、成長、発展しても、その根源性から逃れえない。
 人間的システムであるかぎり[生物的存在=細胞存在]、つまり生物的自然から逸脱できない。

 物質的な存在の内部のような実体。まるで概念的、抽象的、幻影的なあいまいさ。その先にあるのは不可能性と、稀薄な未来、ものとものとの結びつきからさらに離れていって、涸れてしまう種子。(頂上のないファシズム)