連載【第030回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: light cage

 light cage
 それにしても、クオリアは身体の全体的な認識領域なのだろうか。それも、単一の。それこそ、質の異なった、サイズの違った、別の領域を複数個持つと考えられないだろうか。そして、それぞれの世界の関係は矛盾に充ちたものであると。
 そもそも意識が単体と群体で構成されているなら、クオリアはそれぞれの認識の範囲で世界を形成している。つまり、境界構造を持っていて、これがクオリア間、あるいはクオリアの内部と外部の枠組みとなり、細胞膜のようにクオリア自体の矛盾を変成するのかもしれない。

「ぼくが囚われている光の檻は、ぼ、ぼくのつくり出した触手のようなもの、のだ。」
「わたしは、しは、この関係を成長させるために、わたしの、の性を溶かしているのよ。」
「お、れ、が、ぼ、く、たちが多重化すれば分岐する性が発生するのだが、それ、れらを封じて性をどろどろ、どろに溶かして、発生というものをトランスしてしまう、うのだ、しまいたい、たいの。」
「わた、した、ち、変形や変質はそれぞれのクオリアを、さら、さらに多重化する、る。」
「 、 、 、グリロは無の中に、なかに、その道筋を開示するのさ、のよ。」
 そうなのだ。彼らのことばは宇宙卵についての示唆なのだわ。
 何かが混濁しているにしても、宇宙卵は分裂する意識、増殖するクオリアを拝胎している。少年たちはいまだ殻の中にある形のないもの。殻の中にいない形のあるものなのよ。
 そうだとすると、わたしは殻にへばりつく平面意識、同化などすることのない、影さえも失われた孤立した性!
 この平面は鏡体の表面なのだ。それとも、意識とクオリアの境界構造なのか。

 意識は他の意識と激突することで、イメージの牢獄から逃れることができるのではないか。つまり、エネルギーが生成されるということ、発火することによって光を発するということ。

 たしかに、感覚と情緒に深入りすればそれはつねに危殆の淵を辿ることになるだろう。そして、そのことでいっそう裏切られつづける。しかし、私はそのことばを、従属する意識あるいは抵抗する意識として使っているのかもしれないし、あるいは反意識という意味で使っているのかもしれない。ただ、だからといってはたして意識ということばを定義して用いているのかいないのか。
 物質であることと物質でないことにどのような境界があるというのか。(光の檻)

自由とは何か, 2004.8, oil, canvas, F100(1303×1620mm)

連載【第029回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: grillo 2

 grillo 2
 ここでは意識は物質であるのか、そうでないのかを考えているのだが、物質であることと物質でないことにどのような境界をもたせられるのだろう。境界がないか、あまりに詳細化されて境界というには困難な状態であるならば、それは物質とはいえない力学、つまり量子的な光子間におけるある種の重力場といえるのかもしれない。境界自体が空間状態であるとか、境界自体が重力状態であるというような問題である。
 このような物理は混乱と多義性に満ちた概念が自己完結する範囲を示すのかもしれないが、範囲そのものが発火するという、実に気味の悪い事象を示す鏡像として、脳内に立ち上がってくる。サイズを持たない物理現象として、意識は存在の単一現象ではなく、群体として存在するのだ。
 行為が先行するのはこの群体としての意識においてであり、意識と意志は乖離しているに違いない。
 群体は身体機構全体と関与し、身体のクオリア化を構成する。このとき、量子効果を生み出す微小器官が、ナノレベルでも可能となるのかもしれない。

 機能的には、クオリアはナノレベルの収束器官でも可能なのかもしれない。しかしそれは収束器官の持つ限界サイズと確率自体の持つ収束の微小化傾向との相反性の限界によって、擬似的な収束器官、擬似的なクオリア質感にとどまるだろう。
 器官自体は確率判定の確定性と単純化によって、その方向は階層化をたどり上位方向に向かうだろうし、反対に確率の微小化は単数存在の内部につらなるさらなる単独存在に分裂することは必至だ。そして、さらに単数存在の内部構造となる単数存在が群体として肥大化する場合も、いっそう階層上位へと向かうだろう。
 この分裂は上位構造を消失させ、上位概念を外部概念へと転換し、階層下位はいっそう内部へ向かっていく。つまり、擬似微小器官は自己矛盾し、崩壊する。クオリアとは内部が極小を求めていく世界把握のことなのだ。
 しかし、これらは意識の問題でありながら、力というエネルギーの問題である。たしかに物質そのものなのであるが、その物質が相反性という斥力の海に漂い、力の偏移がその特別な力学から脱しえない確率をとった場合、物質として収束することが不可能な事態がなにを意味するのかを想定してみるがいい。つまり、量子論と次元の宇宙論の並行結合とでもいえそうなイメージのことである。

 意識は空虚というイメージに囚われている、あるいは空虚というエネルギーの実体を包含したものとでもいいうるのかもしれない。いずれにしても、意識はそれ自体ではあまりに抽象的で、実在といわれるサイズの範囲から逸脱しているように見えるのだが。(グリロ)

連載【第028回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: grillo 1

 grillo 1
 嬰児はすでに幼児となって、ひとつの形を表しているのかもしれない。そのグリロという名の器具は光の線分をまとめて冠状波紋を撥ね上げ、その尖端を結びつける糊のように粘着的な接合を不規則に続けていく。それらの接合箇所はとげとげしい光を帯び、ギザギザの閃輝暗点のカーブをつくり、幼児をその奥に囲い込んでいる。光はグリロの筆先になっているのだ。幼児は井戸の中の意識の鏡体とでもいいえよう。閃輝暗点を生み出した脳内中枢の血管の瞬間的な収縮が、血流を一時的に変化させる。そのときに意識の鏡体となり、絶対反射の球面となるのだ。

――そのとき、わたしは球体の表面に吸い込まれ、そのことによって鏡体自体と同化するのかもしれない。わたしの性は時間とともに失われていくのだわ。わたしは溶けゆく過程で、グリロとは少年の名であるのか、鏡体に違いない少年の形をいうものなのかと、自問を繰り返している。

 ところで、意識は実体を持つことは不可能なのか。意識が幻想に過ぎないものなら、物質には作用しないはずだ。物質それ自体に絶望という概念が生ずることはありえないが、意識が絶望したときそれによって自殺するのは意識ではなく、その吐息に触れたあまりにはかない物質なのである。物質の死があって、それから意識の死が訪れる。
 物質と意識にはそもそも相互作用などあるのだろうか。それともそれは相互作用というようなものではなく、ただ互いに語り合うことが不可能なものにすぎないものなのだろうか。(つづく)

連載【第027回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: fluctuating fabric 2

 fluctuating fabric 2
 嬰児というのが妥当かどうかはわからないけれど、声の主が操っていた塊は形の定まらない筆記具とでもいったもので、始まりは回転体であるけれど、振り子のように円錐状に振り続けると、中心部からさまざまの色光が長い線分となって発するというものだった。そして、その糸状の光つまり網の目は時間と空間と重力のそれぞれの発生点らしく、それらの交点からさらにけばだったゼンマイのようなヒモ空間をゆらゆらとのばしていくように見えた。
 声の主が言っているのは、それらが帯のように結びつくことによって何かの定まりを作り、何らかの疎通をなすということなのかもしれない。

「ぼくが色の原因であるということはありえない。光に色がつくのは物質を通過するからで、全光が阻害されているからなんだよ。ぼくは光の始まりであるから、色も物質も含んでいる、すべてを含んでいるから何もない」
 たしかに全包含は空虚そのものであり、それは全実体なのである。

 その発生源が筆記具であるというのは、その中心から流れ出している色線が時間の凹凸によってさらに色の違いをもたらし、奥行きのグラデーションに見せているからかもしれない。
 しかし、筆記というのは記録と表現に関わる手段だ。つまり、発生の過程を示すものであり、発生の行為自体なのだ。筆記具は記録と表現行為に結びつき、その立体的な操作は発生と創造の座標を定義するものであり、位相転移の秘密を示す祭祀に結びついているのかもしれない。(ゆらぐ織物)

連載【第026回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: fluctuating fabric 1

 fluctuating fabric 1
 それは、空虚という実体を内包したものなのかしら? 意識が物質過程に関与するということは、そのような見方が必要なのではないか、そしてそれはすでにそれ自体がエネルギーでなければならないとも考えられるわ。

「だとすると、ぼくが必要なのかもしれない」
「ぼくって? どこにぼくっていうきみがいるの?」
「ぼくはいないのだから、だれにも見ることはできないし、ぼくの居場所をいい当てることもできない」
「そんなことはないわ。声のするところにいるに決まっている」
「声は音波だけど、形ではないんだよ。だいたい、ぼくは生まれてもいないんだ」

 たしかに、声のするところに何ものもありえないし、声のない方向にすべてが囚われているとも思える。だってわたしは囚われているのよ! 何もない周りから。

 そのとき、何かが届くか届かないかの、判定さえつかない境界のあたりで、妙な光の塊が形を変化させながら発光していた。

「ぼくだよ、ぼくがやっているんだ。声だけだと定まるものも定まらないからね」(つづく)

連載【第025回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: narrative of revenant 3

 narrative of revenant 3
――おれは頭蓋骨だけで生き永らえているのだ。おれの輪廻転生はこの頭蓋骨に凝結し、おれの呪いも、おれの残虐無比も、ここにきわまっているのだ。

 髑髏は宙宇の一点に静止して、闇の根源である暗黒点のように、そこだけ無限の深い暗がりをつくり、暗箱の中にしかありえない絶対黒色の描線で、頭蓋骨の全ての稜線を描き出していた。

――わが裔よ。数億年を古りたわが血の(うから)よ。おれたちは頭蓋骨だけで生きている。おれたちの永劫の魂はこの骨の中に封じられて、決してどこにも去ることはないのだ。おれたちの肉が滅びようと、おれたちは地を充たす地の塩となって、死ぬことはない。時がおれたちの味方だ。世界の滅びも、おれたちには無縁だ。
 おれたちは純粋に本来的であって、冒されるべきものではない。なぜなら、わが眷属は人類の唯一の始源だからだ。おれたちにはすべてが許される。わが眷属は神なるものさえ凌駕する(うから)だからだ。

 数億年を経た黴臭い澱んだ空気が体内を侵してくる。なつかしい死者たちの塩が、脊索動物ゲノムの歴史が、部屋に、体内に充ちている。名づけうべくもない戦慄、その兆し。
 闇の本体と化した髑髏は、全ての暗黒を呼び寄せる動きを終熄させたように見えた。そして、その暗黒自体がまるで光の性質をもつもののように、漆黒の闇を黒々と燦かせた。
 次の瞬間、髑髏は周りの何もかをも根底から破壊するような凄じい速度で部屋の中を疾った。その行手には光を遮るカーテンと窓がある。遮断するあらゆるものが吹き飛び、大きな爆発音とともに粉々になるさまが予感された。そして、粉砕時の轟音が耳に達したかのような錯覚に囚われる。

 しかし、髑髏は窓に衝突すると同時に、まるで吸い取られるような具合に、音をたてることもなく、忽然と姿を消したのだった。(幽鬼についてのナラティブ)

連載【第024回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: narrative of revenant 2

 narrative of revenant 2
 どれほどの長い時間が経過していたのだろう。ほんとうはわずか寸秒のことだったのかもしれない。浮游する顔は初めから色彩を失っていたが、首だけになると、褪色した薄い皮膚はみるみる涸び、ついにはかさかさになって剥落していくのである。鼻梁や耳朶もその形を崩し、軟骨がこぼれ落ちる砂のようにさらさら音をたてて空中に四散していく。ただひとつその姿をとどめているのは、剥き出しになった裸の眼球である。網目状の毛細血管に絡みつかれ、燠火や鬼火を思わせる血の塊となって膨んでは萎む眼球が、闇の中で妖しく炯っていた。

 なんというおぞましい事態。死そのものの無機性である頭蓋骨の中央で、不吉な生を暗示する怪異な二つの眼球の蠢き。それは、睡眠時の瞼の下で活溌に跳ね廻る眼球運動の、見ることへの異様な執着!
 髑髏は空中の一箇所にとどまることをせず、後方に退いてはまた目前にまで迫り、まるで球面を無軌道に滑りつづけるようにしてこちらを威圧し、執拗に、見ろ、よく見るのだ、と繰り返している。そのうちに、骨の廻転体に象嵌されている眼球の、青灰色の中心近傍も、どんより濁った暗灰色に変じ、血脈によって隈取られていた暗褐色の外縁部も、涸いた黒い色へと色調を落としていった。それからしだいに眼窩の闇へと沈んでゆき、そのあたりは落ち窪んだ翳りだけがつづく深い洞窟を思わせた。

 形骸と化した髑髏はなおも飛び廻り、幾度となく目の前に迫ってきては、純白に光る歯ばかり並ぶ口蓋を噛み合わせ、まるで喉笛に喰らいつこうとでもしているように見える。闇に浮かぶ白い髑髏、それは己れの躯を捜し求めているかのようだった。(つづく)

連載【第023回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: narrative of revenant 1

 narrative of revenant 1
 その形象が訪れたのはそのときだった。音もなく開く扉。爛々と光る眼球の気配。薄汚れた長い布を肩からすっぽりまとった何ものかが暗い空間に漂っている。

 おれの末裔、おれの分身、一族の者よ、幽霊は語った。いや、語ったわけではない。そのようなことばの渦を闇の中に注ぎ込んだのだ。

――生を享けて以来、おれは悪逆の念としてこの世界を呪い続けていた。おれは特別な悪人だ。だが、どうしようもなく純粋な血を持った者だともいえる。おまえたちの母親はみな自ら進んで、このおれに抱かれたのだから。

 そのことばを呑み込むことは困難だが、なにかしらぼんやりと寛いでいて、なつかしい匂いを嗅いでいるような気がする。しかし、幽霊は物質として存在していた。夢魔や妄想の類とは思われなかった。手を伸ばせば確かに触れることのできる、ものそのものの性質にあふれていた。長い髪の毛や顎を蔽った髭、全身を包んでいる布が、窓から侵入する夜風に煽られ揺れている。けれども、その質感、その波打つ動きは金属的な硬直性を持ち、機械的な顫動を思わせた。だからなおのこと、幽霊の表情や仕種はこの世のものとは思われぬ脆弱な印象を与えていた。自働人形のぜんまいが跡切れようとして、最後の瘧にうちふるえる瞬間のごとく――。
 その繊細さは、いつでも存在を何か別のものに転換できる性質の現われでもあった。肉体そのものよりも、それ以外の部分に濃厚に感じられる存在感――。表情や仕種の妖異さ、独特の雰囲気は、おそらくそのような部分から発しているのだろう。見つめつづけると、あまりに酷薄な冷気が伝わってくる。それはまさしく空間の虚無だった。身も心も凍結させる空虚であった。

――おれが何ものなのか、おれの本体が何であるか、おまえは見なければならない。おれはありきたりの蒙昧な亡霊どもとは異なるのだ。いいか、よく見ろ。おれの衣の下を見ろ。

 闇に鎖されている部屋の中で、幽霊を中心に、夜より暗い、真っ黒な渦が巻いている。いたるところで微細なまでに振動する空気の、そのすべての粒子が、全身の肉襞に鋭利な歯牙となって喰い込み、噛みついてくる。幽霊は振り払うような素早さで薄汚れた布を放ち、その大きな布は嵐の海面を漂うように宙を舞った。布の向こうに捉ええたのは、凄絶な青味さえ帯びた、どこまでも貫いて透き通る空間だった。何ものもない荒涼とした空虚、無そのものの上に、首だけが浮かんでいた。そして、空洞に固着した首が奇怪な表情のまま硬ばって、こちらを睨めつけている。(つづく)

連載【第022回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: missing acts 2

 missing acts 2
 その部分は遊離しているのではなく、無知であるために包括的に独立しているのかもしれない。それは知的な認識という回路を必要とせずに、たんに気づかないでいるというだけ。気づかないふりをしているということとは違うのだが。あるいは純然として気づかないということ。だから、君が誰で、そのときどこにいたのかと問うたところで、その質問ははぐらかされ、ただ吸引されて、反問されることはない。無視されているのではなく、空っぽの向こうに吸収されつづけていくのである。
 だが、気づいていないことと知らないこととは根本的に違うのと同じように、気づくことと知ることは永遠に結びつかない。自分が自分の内部にある空っぽ、あるいは内部にないはずの空っぽに気づくことは不可能だが、自分が空っぽの部分を持つことは知りうるし、まさしく空っぽ以外の何ものでもないことを知りうることも可能なのである。

 この関節の、いたるところにあるリウマチ性の結節は悪性腫瘍ではない。それでも、まるで甲羅をまとって身を守るように、いたるところで発現している。それは無知という空洞を守る意識と同じだ。だから、その部位は叫ぶことが可能なのである。あるいは叫ぼうとすることが可能なのである。けれども、もちろん、その方法もことばも知ることはない。神経反応という苦痛、苦痛という意識の非在、その悲鳴だけが!(欠落行為)

連載【第021回】: 散文詩による小説: Dance Obscura: missing acts 1

 missing acts 1
 必要なのは破裂することばなのだ。地核での眠りから地表に上り、地面を伝って中足骨からいくつもの関節を跳び越え、脊椎から頚椎、頭骨へ、さらに骨格にまとわりつくあまたの血管を辿り、太い大動脈を引き裂いて、脳漿を膨れ上がらせ、ついにすべてを粉々にして、破裂すること。寝静まって、だれにも見つけられない真夜中のいたるところで、一瞬の、激しいひきつりが発現する。それらを起点にしていくつもの痙攣が波動となって打ち続き、その長い長い苦痛こそがことばのprimary tumor。粉砕された輝く無数の細胞の切片を巻き込み、熱く滾る血液、脳みそ、肉片の飛び散る渦、気化する状態のタイフーン。なによりも切実な痛みの群体!

 こう書くこと自体、破裂するのだ。そうだ、もう私を好きにさせてくれ。筆順も字画も忘却し、書字という行為自体を喪失するために。それは省略とか錯誤のためではなく、ことばを獲得するための欠落行為となって。私自身が欠落しながら、それを取り戻せないで、取り戻す必要もなく、ひたすら失い、失われてしまいたい。だから、私を好きなようにさせてくれ。すでに文字として記述されていたとしても、それらは不連続の欠落なのだから! 欠落したそれぞれの関節の部位は回転しようとするのではなく、軟骨との接触を断ち切ろうとして、痙攣を始める。

――わたしにも、思いあたることがあるわ。
 わたしの義父にあたる老人が植物状態に陥る寸前。頭部の皮膚の表面と血管と神経は部位ごとに独自の塊をなそうと、白く、赤く、青く、土色に、まだらに、ぶつぶつと、それぞれの部位を幾度となく不規則に膨らませては縮める。一晩中、顔面を痙攣させ、こめかみの静脈が通常の十倍には膨らんでは縮み、顔面の神経が異物のように激しくひきつりつづけ、唇や顎がとめどもなく意味のない運動をし、眼球はあてどなくぐるぐる旋回する。一晩中、まさしく一晩中、脳内で異物がひっきりなしに暴れ回るように、人間の顔のあらゆる奇怪な動きの可能性をすべて現してから、彼はただ一度だけ、意識を取り戻したわ。そしてその直後、まる一年間の最期の眠りについたのよ。それは、あまりに静かな、起伏のない、それでいてまさしく肉体そのものである意識の形骸。いいえ、意識そのものの。直接的な感情のない身体構造! 最期の覚醒の一瞬にふたつの眼球がうつろな球体の奥を透かして、ぎろりとわたしに視線を凝らして。
 いいえ、それは違うのかもしれない。たんに無知の、切り離された意識なのかもしれない。どことも結びつかない、切り離された、分離された部分。でも、それは部分というべきではなく、分離され、別個のものとして、独立した全体というべきかもしれない。別の全体ともいえるそれは、何かを知ることができたのかしら。つまるところ全体でしかありえないそれは、そのことによって、たんなる空っぽなのかもしれないのに。(つづく)