【かけら】
はじめは失敗し危殆に瀕したが、再び試みて、手術を切り抜けた。しかしまだ入院中で、囚われる不安はぬぐえない。