【かけら】
血管が切り離されたまま、次の手が見つからない。
このとき、やはりこれも別の人生が開かれているにすぎない、気にすることもなかった。