【かけら】

我々は死までの未来を経験するために、時間を加速させている。
時間は個的なもので、世界空間も個的に分岐しているということだ。
老いに向かっているとはこういうことだと、雷鳴に撃たれるように気づいた。