【かけら】

「Dance Obscura」の紹介文から
この小説は、散文詩をベースにした小説である。宇宙論哲学という思考を展開することで成立している。
これが、現象と刺激に過ぎないというもはや終焉を示しているこの惑星とここの生命体に何を迫っているのかを、よくよく考える必要があるのかもしれない。
自分の頭で考え、自分の肉体で生きていくのだ。それ以外に何があろうか。
踊れ、躍れよ、髑髏の棲まう暗黒の函の渦中で。